スポンサーリンク

 

 

 

山でコーヒーを楽しむ動画「山と珈琲」。今回はアルプホルン奏者の蔵田亜由美さんがゲストです。是非アルプホルンの音色をお楽しみください。今回も歩いての登山をしていないうえに会話メインで動画の長さも30分近くあります。ゆるい仕上がりになっていますので、コーヒーでも飲みながらのんびりご覧いただければ幸いです。

 

 

【山と珈琲】アルプホルンとアウトドアコーヒー
https://youtu.be/ckTrfcNFqhk
(HD画質・PCブラウザ推奨)

 

 

 

【嵐山・高雄パークウェイの場所とアクセスと地図】

 

https://goo.gl/maps/cyuLBq2p2XP2

 

 

嵐山・高雄パークウェイ、南側から入りました。京都洛西の景勝地を結び、四季折々の自然が楽しめるドライブウェイです。バーベキューができる場所も2か所あり、屋根付きなので雨の日でも大丈夫です。紅葉の見ごろは11月上旬から下旬です。秋の行楽にご検討下さいませ。

 

 

●嵐山・高雄パークウェイ

http://www.parkway-hankyu.com/

住所:〒616-8285 京都府京都市右京区梅ヶ畑檜社町11番地

京都南ICから約30分 / 大山崎ICから約45分

 

通行料金:二輪車 830円 軽・小型普通自動車 1,180円

※二輪車は土・日・祝は通行不可(二輪車は125c.c以下は通行不可)

 

営業時間:4月~10月 8:00~19:00(入場は18:00まで)、11月 8:00~21:00(入場は20:00まで)、12月~3月 9:00~18:00(入場は17:00まで)

定休日:年中無休

 

●バーベキューコーナー

利用時間:10時~16時

料金:平日 1基 3,000円、土日祝 1基 3,500円(屋根なしは1000円引き、1基につき10人まで) 

予約方法:電話 075-871-1221またはインターネットにて(電話受付は9時~17時)

備考:清掃料1基200円、ネット予約で500円割引

 

 

 

【今回の動画の所感】

 

【鳥取のイベントにて】

 

 

アルプホルン奏者の蔵田亜由美さんとは、今年の春に鳥取のイベントでお会いしました。スイスアルプス伝統の音色を聞いて、是非「山と珈琲」でも演奏して頂きたい、と打診して今回ご出演頂きました。

 

 

天候に恵まれず「山を望みながらの演奏」は撮れませんでしたが、アルプホルンの音色と蔵田さん自身の魅力を少しでも皆様にお届けできたかなと思います。

 

 

アルプホルンの音には不思議な癒しの力があるそうです。老人ホームや福祉施設・介護施設などでイベントを検討されている方は是非お問い合わせ頂ければと思います。

 

 

●旅するホルン吹き 蔵田亜由美ホームページ

http://haruki.noor.jp/hana/zang_tian_ya_you_meihomupeji.html

 

●出演依頼ページ

http://haruki.noor.jp/hana/Mail.html

 

 

 

【今回の山コーヒー&登山アイテム】

 

キャプテンスタッグ
18-8ステンレス製パーコレーター 3カップ
【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

 

今回の動画で使ったコーヒー器具はパーコレーター。西部開拓時代のアメリカで普及しました。循環式の高温抽出なので美味しく入れるのは難しいのですが、今回の動画でやっているようにやや粗挽きで挽いた後にバスケットをトントン叩いて微粉を取り除くと大幅にエグ味を抑える事ができます。このやり方でも独特の苦味は残りますが、アウトドアではその苦味がアクセントになって心に残る一杯になります。

 

 

HIROCOFFEE(ヒロコーヒー)
デカフェ カフェインレス コロンビア 100g

 

今回使ったコーヒーはこちら。液体二酸化炭素抽出法を採用し、99%のカフェインをカットしたコーヒー。カフェインが苦手な方や、妊娠中・授乳中の方でも美味しくコーヒーが楽しめます。夜にコーヒーが飲みたいけど寝つきが悪くなったら困る、という人にもおすすめです。

 

 

サーモス
山専用ボトル FFX-500

 

山と珈琲ではおなじみの高性能魔法瓶。これで自宅から熱湯をもっていくと、お湯を沸かす時間を大幅に短縮できます。保温力は6時間後で80℃以上、保冷力は6時間後で10℃以下という世界最高峰の保温保冷力を誇ります。朝に自宅で入れた熱湯で昼にカップラーメンが作れるので、登山におすすめの一本です。ソロ登山なら500サイズ、二人以上なら一回り大きい900mlサイズをおすすめします。ちなみに私はこの山専用ボトルを3本持っています。エベレストを登るクライマーも愛用する、登山家御用達の逸品です。

 

 

snow peak(スノーピーク)
チタンダブルマグ 300

 

コーヒーを飲むのに使ったマグ。二重構造なので保温・保冷能力があります。チタン製で軽く、取っ手は折り畳め、見た目もシンプルでオシャレです。スノーピークの製品は全体的に割高なのですが、値段分の価値はあります。なお二重構造のマグは火にかける事はできないのでご注意下さい。

 

 

CHUMS(チャムス)
キャンパーマグカップ

 

Yukiさんが使ったマグは、チャムスのキャンパーマグカップ。こちらも二重構造なので保温保冷能力があります。持ち手に2つの穴が開いていて安定性があり、けっこうお手頃価格で購入できます。山ガール向けのカラフルなマグです。

 

 

スノーピーク(snow peak)
チタンシェラカップ E-104

 

私が使ったのは、山屋御用達のシェラカップ。直火にかけられるのでコーヒーが冷めてもあたためることが出来ます。重ねて収納でき、計量目盛りもついていて、取り皿としても使えます。チタン製で薄くて軽いくせに意外と丈夫。日常生活で使うと「山の雰囲気」が自宅にいながらにして味わえます。バーベキューで使ってもおしゃれです。なお、直火で加熱すると飲み口も熱くなるので要注意です。温め用と飲む用とで2個あると便利です。

 

 

 

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。