スポンサーリンク

焚き火画像

都会から離れた自然豊かな場所で、火を熾して焚火を眺める。アウトドアの醍醐味です。

でも注意したいのが焚き火をする時の服装。薪や炭を燃やせば火の粉がパチパチと飛び散ります。その時アウターウェアの素材がナイロン製だったりすると、穴が開いたり、引火して火傷を負ったりします。(私の登山パンツも火の粉で穴が開きました)

基本的にはコットン製やジーンズなどを使用するのですが、最近は燃えにくい素材の研究が進んでいます。アウトドアブランド各社が様々な焚き火ウェアをリリースしていますが、その中から性能・デザイン的に良いなと思ったものをピックアップしました。

※ この記事は随時更新します。

焚き火ウェアは品数が少ないためよく完売します。商品リンク先で表示されない場合は、再入荷または来季の入荷をお待ち下さい。

スポンサーリンク

【焚き火・バーベキューにおすすめの難燃性アウトドアジャケット】

ナンガ焚き火ダウンジャケット

NANGA(ナンガ)
TAKIBI ダウンジャケット

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

ジャパンメイドの寝袋メーカーで有名なナンガの焚き火ジャケット。難燃素材のケブラーを使いつつ、760FPのヨーロピアンホワイトダックダウンを贅沢に使用しています。登山用寝袋で使用されている羽毛なだけに保温性は最高級で、火の粉と夜の寒さを同時にしのぎます。ハンドウォーマーやフラップ付のポケットなど7か所あり、ジャケットとしての使い勝手も十分です。最新モデルはブルーとイエローの新色が登場しています。

GRIP SWANY(グリップスワニー)
GSJ-52 FIREPROOF MONSTER PARKA

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

焚き火ウェアといえば、グリップスワニー。愛用者は多いです。GSJ-52は難燃ファブリックFIRESHIELDを使用した焚き火用ダウンパーカで、「モンスター」の名の通りに大きさも防寒性は怪物級。重ね着がしやすいオーバーサイズ仕上げ。真冬のキャンプで活躍する防寒焚き火ウェアです。

GRIP SWANY(グリップスワニー)
GSJ-49 FIREPROOF ダウンジャケット

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

グリップスワニーの難燃ファブリックFIRESHIELDを使用した焚き火用ダウンジャケット。同社のグローブが収納できるサイズのポケットが胸元に2か所あります。冬場のキャンプだけでなく、街着としても使えるシルエット。再入荷しては完売する人気アイテムです。

GRIP SWANY(グリップスワニー)
GSJ-51 FIREPROOF CAMP PARKA

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

難燃ファブリックFIRESHIELDを使用したキャンプパーカー。襟元は高めで火の粉や冷気から守り、サイドポケットは大容量。ジップ付きのサブポケットも左右に完備しています。焚き火キャンプから街着まで、気軽に使えるパーカです。

GRIP SWANY(グリップスワニー)
GSJ-40 ファイアーポンチョ

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

グリップスワニーの難燃性のポンチョ。自己消化性に優れたGRIPSWANY独自の素材・FIRESHIELDを採用。火の粉を受けても穴があきにくく、従来のコットン製品よりも焚き火ウエアとして優れています。胸に大型のポケットがあり、小物や携帯電話などが収納できます。

GRIP SWANY(グリップスワニー)
防炎フードジャケット

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

こちらはスーパースポーツゼビオ限定のジャケットコートタイプの防炎ウェア。スッキリとした落ち着いたデザインです。カラーはブラウン、オリーブ、ベージュの3色展開。

snow peak(スノーピーク)
ファイヤーレジスタンス ダウンジャケット

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

焚き火ブームの火付け役、スノーピークの難燃ダウンジャケット。難燃性にこだわったFR(fire resistance)シリーズのダウンジャケットで、表地に軽量で丈夫なアラミド繊維を織り込んだリップストップ生地を使用。撥水性・防風性もプラスされ、ハードな環境にも対応します。カラーはブラウン・ブラック・オリーブの3色。

snow peak(スノーピーク)
ファイヤーレジスタンス ダウンコート

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

スノーピーク・FRシリーズのダウンコート。長い丈で太ももまで保温する冬用の焚き火ウェアです。表地はアラミド繊維のリップストップ生地、内側に800フィルパワーのホワイトグースダウンを使用。防風機能と耐久撥水性、圧倒的な保温力で冬の寒風から体を守ります。

grn outdoor
HIASOBI CAMPER JACKET

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

「HIASOBI CAMPER SERIES」のジャケット。味のあるコットンツイルに難燃・撥水加工が施されています。襟が高いので口元まで火の粉のガードが可能。前面のカンガルーポケットはハンドウォーマー付きでグローブなどの焚き火アイテムが収納でき、ハンマーループやSOTOガストーチ専用ポケット、350ml缶ビール入れポケットなど焚き火シーンの使い勝手が配慮されている有能焚き火ジャケットです。

grn outdoor
HIASOBI CAMPER PONCHO

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

「HIASOBI CAMPER SERIES」のポンチョ。手持ちの防寒着の上から重ね着ができる使い勝手の良さが魅力。斜めジッパーで脱ぎ着も楽です。こちらも高機能カンガルーポケットやSOTO ガストーチ専用ポケット、350ml専用のビール缶ポケットなどが施されています。

TSBBQ×mino
焚火mino

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

表地に難燃素材を使ったニットポンチョ。オーストラリア産メリノウールを67%使用。木調のボタンがワンポイントになっています。女性も男性も使えるフリーサイズ。カラーはマスタードキャメル、ブラック、レッドの3色展開。

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)
ファイヤーフライマウンテンパーカ

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

オシャレなウェアを展開しているノースフェイス、焚き火ウェア界に参入しています。このウェアはスリムなデザインなので見た目がもっさりとしません。前面・腕・フード部分に難燃生地を使用し、火傷のリスクを低減。大容量のフラップ付きポケットやジッパーポケットを備え、使い勝手も優れています。軽くナチュラルな風合いで、普段着でも活用できる1着。

Columbia(コロンビア)
テントヒルデニムアノラック

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

コロンビアの焚き火向けウェア。日本焚き火コミュニケーション協会が監修しています。色落ちしにくいデニム素材を使ったアノラックで、撥水性があるので多少の雨にも対応。ゆったりサイズで動きやすく、大型のポケットも付いています。2019年秋にデザインがリニューアルされ、更に使い勝手が良くなりました。

DOD(ディーオーディー)
ジャケシュラ S1-614-KH

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

コットン生地の焚き火ジャケットで、寝袋としても使える2WAY仕様。 丈が長く、太もものあたりまでカバーしてくれます。冬使用に対応した綿量のためかさばりますが、コンプレッション機能付きの収納バッグも付属しています。ワンサイズで、推奨身長は175cmまでなのでご注意ください。

mont-bell(モンベル)
フエゴパーカ

【モンベルオンラインショップで探す】

モンベルからも難燃ウェアが出ています。難燃性素材「フレアテクト」を使用していて火の粉に強く、ダウンやフリースの上からでも着れるゆとりのあるサイズ感になっています。値段は15000円を切るお手頃価格。色はブラック・カーキ・ネイビーの3色。

L.L.Bean(エルエルビーン)
オリジナルフィールドコート プリマロフトライナー

【L.L.Beanオンラインストアで探す】

LLBeanの超定番モデル。質実剛健、不動の人気を誇るコットンジャケットで使い込むほどに味が出てきます。信頼性の高さと使い勝手の良さに、着つぶしてもまた同じものを買う人が多いようです。インナーの有り無しなどで3種類ありますが、このプリマロフトライナーが一番暖かいです。インナーは取り外し可能。色はオリーブとブラウンの2色。

workman(ワークマン)
綿カブリヤッケ

【ワークマンオンラインストアで探す】

ワークマンの価格破壊焚き火ウェア。お値段なんと2000円。難燃素材ではなく綿100%のヤッケで、前面部に大きなポケットがあり、両サイドにもポケットを備え、裾などを絞る紐や汚れ防止の二重袖など値段以上に使い勝手の良い焚き火ウェアです。見た目のデザインはさておき、とりあえず安く焚き火ウェアを買いたい人におすすめです。

workman(ワークマン)
綿アノラックパーカー

【ワークマンオンラインストアで探す】

ワークマンの価格破壊焚き火ウェアその2。こちらもお値段破格の1900円。綿100%で、大容量のフロントポケット、フードと裾部分に絞り紐、防汚加工などが施されています。綿カブリヤッケに比べて首元のファスナーが大きく開くので脱ぎ着が楽です。ツートンカラーなど全7色ありますが、人気過ぎてよく売り切れています。再入荷した時にタイミング良くご購入下さい。

スポンサーリンク

【難燃性素材で燃えにくい焚き火用シャツ】

GRIP SWANY(グリップスワニー)
GSS-22 FIREPROOF WORK SHIRT

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

グリップスワニーの焚き火用長袖シャツ。自己消火性に優れた難燃素材・FIRESHIELDを使用。従来のコットン製品よりも火の粉耐性に優れています。グリップスワニーらしく、シャツ用のビッグポケットも備えています。これも普段使い可能なデザインです。カラーはオリーブとネイビーの2色。

【難燃性素材で燃えにくい焚き火用パンツ】

ナンガ焚き火ダウンパンツ

NANGA(ナンガ)
TAKIBI DOWN PANTS

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

ナンガのカーゴダウンパンツ。表地は難燃素材のケブラーで中綿にダウンが入っています。同社の焚き火ジャケットと同じく760FPのヨーロピアンダックダウンを使用。ハンドウォーマーやフラップ付のポケットなど、ポケットは合計7か所。売り切れと再販を繰り返している人気の冬用焚き火パンツです。

GRIP SWANY(グリップスワニー)
Fireproof Down Camp Pants

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

グリップスワニーの冬用焚き火ダウンパンツ。GRIPSWANYが開発した難燃ファブリックFIRESHIELDを使用。グリップスワニーらしいオリジナルビッグポケットを完備。冬キャンプだけでなく、バイクツーリングでも体を保温します。テーパードシルエットで綺麗な着こなしも可能。

GRIP SWANY(グリップスワニー)
ファイヤープルーフパンツ

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

グリップスワニーの人気の焚き火用パンツ。難燃ファブリックのFIRESHIELDを使用。ペグやハンマーなどのキャンプ道具が入れやすいビッグポケット付き。アウトドアだけでもなく普段使いで使えるデザインになっています。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
ファイヤーフライベイカーパンツ

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

ノースフェイスの難燃性素材を使用したパンツ。ヒップ部分にある大きなフラップポケットがアクセントになっています。ウエストには鍵などを掛けられるD環付き。ノースフェイスらしいシルエットでおしゃれです。カラーはブリティッシュカーキとロコグリーンの2色。

Columbia(コロンビア)
ビッグブルークレストパンツ

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

コロンビアの焚き火パンツ。ジャケット同様、こちらも日本焚き火コミュニケーション協会が監修しています。火の粉に強く耐久性に優れたデニム生地で、2wayストレッチ&撥水加工も備えています。2019年秋バージョンは旧バージョンよりポケットの数が増えて使い勝手が良くなっています。

mont bell(モンベル)
フエゴパンツ

【モンベルオンラインストアで探す】

難燃性素材フレアテクトを使用したモンベルのパンツ。値段は1万円前後で、焚き火用パンツとしては非常にお手頃価格です。コットンのような風合いと適度なハリがあり、キャンプから普段使いまで使えます。シルエットはゆったりめで動きやすいです。カラーはカーキとブラックの2色。

HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)
アンチフレイムパンツ

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

ヘリーハンセンのプロテクサ®FRを使ったコットンライクパンツ。ワークパンツ的なデザインでサイドポケットが大きく、通気性や吸湿性も備えています。カラーはカーキ、ブルー、ベージュの3色。

【焚き火ウェアの代用に、防炎ブランケット】

難燃性の焚き火向けウェアは全体的に価格が高く、上下揃えるとかなりの出費になってしまいます。焚き火用の服にお金はそんなにかけられない、という節約家の人におすすめなのが防炎ブランケットです。太ももから下を守るだけでも火の粉のダメージを大きく軽減することができ、夜の寒さも和らげることができます。

Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)
Fire Proof ブランケット

【amazonで探す】

【楽天市場でSサイズを探す】

【楽天市場でMサイズを探す】

【楽天市場でLサイズを探す】

古き良きアメリカのアウトドアスタイルをコンセプトにしたファクトリーブランド・オレゴニアンキャンパーが焚き火用ブランケットをリリースしています。業界初の「燃えない」マイヤー毛布素材を使用。着火・延焼しにくい防炎性能を備えつつ、ミンクのような肌触り。サイズはSが約100cm×70cmで、Mが140cm×100cm、Lが140cm×200cm。カラーは、グレー、カーキ、ストーンカモ、バーガンディの4色展開。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)
ファイヤーシールド ブランケット

【amazonで探す】【楽天市場で探す】 

スポーツオーソリティのプライベートブランド・タラスブルバのボア付き難燃ブランケット。内側にボアが付いているので肌触りが良くあたたか。冬場の焚き火におすすめのブランケットです。サイズは80cm×130cm、カラーはコヨーテブラウン1色です。

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)
ファイヤーフライブランケット

【amazonで探す】【楽天市場で探す】 

ノースフェイスで揃えている人は、ファイヤーフライブランケットがおすすめです。外側が難燃素材で内側がフリース生地。Mサイズが120cm×60cmでひざ掛け向け、Lサイズは170cm×130cmで体全体に巻いたりマットとしても使えます。

Rothco(ロスコ)
イタリア軍ウールブランケット レプリカ

【amazonで探す】【楽天市場で探す】 

焚き火キャンパーにはウールやコットンの軍用ブランケットを使う人もいます。少し値段が高くなり薬品臭のニオイを取るのが大変ですが、軍用はデザインがシンプルでオシャレです。

Pendleton(ペンドルトン)
Oversized Jacquard Towels

【amazonで探す】【楽天市場で探す】 

更に価格が上がっても良いという人は、ネイティブアメリカンウールブランドとして人気の高級アウトドアブランド・ペンドルトンがおすすめです。キャンプの雰囲気を味のあるものにしてくれるデザインで、柄は20種類くらいあります。オーバーサイズジャガードタオルのサイズは約102×178cm。ワンサイズ小さいジャガードバスタオルは76×147cmです。

スポンサーリンク