スポンサーリンク

【amazon】男と女のホットサンド(バウルー ホットサンドカフェ)

アウトドアやキャンプで人気のホットサンド。TV番組「マツコの知らない世界」などで取り上げられ、SNSやyoutubeで注目を浴びるようになってきました。以前、山コーヒーをしたときにホットサンドを振る舞って頂きましたが、アウトドアで食べるホットサンドは格別です


【山と珈琲】 山サイフォンでアウトドアコーヒー【新緑の金剛山】


【山と珈琲】 山サイフォンでアウトドアコーヒー【新緑の金剛山】

こちらの動画ではニューバウル―のダブルを使っています。ホットサンドメーカーの王様、パンの端もしっかり圧着できる安定の定番商品です。


【amazon】ホットサンドメーカー ニュー・バウルー ダブル BW02

ただ、こういったホットサンド用のフライパンは重さが気になります。バウル―の本体重量は420g。登山用のチタン製フライパンは150g程度なのでちょっと重みを感じる事になります。

長時間山を歩くなら、少しでも軽いほうが体への負担を減らす事ができます。各社が出しているホットサンドメーカーで一番軽いのはどこのものなのか調べてみました。重さ順ランキングでご紹介いたします。

(※ 重さデータなどはamazon調べです)

【登山向きホットサンドメーカー最軽量ランキング】

【第3位】

ヨシカワ あつあつホットサンドメーカー SJ1681
重さ:約350g
表面素材:アルミニウム合金(1.8mm、フッ素樹脂加工)

【第2位】

ハイマウント(HIGHMOUNT) ホットサンドメーカー
重さ:約345g
表面素材:アルミダイキャスト(フッ素樹脂加工)

【第1位】

キャプテンスタッグ アルミダイキャストホットサンドトースター UG-3005
重さ:約330g
表面素材:アルミニウム合金(ふっ素樹脂塗膜加工)

【amazonの激安ホットサンドメーカーが大健闘しています】

軽さ1位は、キャプテンスタッグのアルミダイキャスト版「UG-3005」の約330gでした。値段も結構お手頃です。

驚いたのが、amazonで1000円ちょっとで買えるヨシカワのホットサンドメーカートップと20g差という軽量さです。レビューも1230件で星4.5。安いので若干壊れやすく、パンをギュッと圧着するタイプでも無いようですが、気軽にホットサンドを試せる価格です。

ちなみにランキング外のアウトドアブランドの主要なホットサンドメーカーの重さは下記の通り。重さ的にどちらかというとキャンプ・バーベキュー向け。焼き目にブランドロゴが焼印できるものもあって、デザインもオシャレです。

スポンサーリンク

【アウトドアブランドのホットサンドメーカー】


PETROMAX(ペトロマックス)サンドイッチアイアン
約1.550g


スノーピーク ホットサンドクッカートラメジーノ
約850g


Belmont(ベルモント)ホットサンドメーカー BM-034
約785g

CHUMS(チャムス) ダブル ホットサンドウィッチ クッカー

約710g


コールマン ホットサンドイッチクッカー
約550g


ロゴス ホットサンドパン
約480g

【追記①:キャプテンスタッグのホットサンドメーカーを買いました】

重さ330gのキャプテンスタッグのホットサンドメーカー。90gくらいの差なら定番のバウル―が安心だなと思ったんですが、こちらはバウルーの半額なんです。軽さ&安さでキャプテンスタッグUG-3005を注文しました。


キャプテンスタッグ アルミホットサンドトースター UG-3005

実際に手に持つと、結構軽い。これならハイキングに持って行っても疲労感は少なそうです。金具の不具合もありません。試しに作ってみたところ、耳部分は圧着できませんでしたが美味しいホットサンドが作れました。また今度、ホットサンドと山コーヒーでのんびりとした登山を楽しみたいと思います。

【追記②:その後、バウルーのダブルを買いました】

キャプテンスタッグのホットサンド、軽いのは良かったのですがパンの耳部分が圧着しないので食べる時に具が横から漏れて食べづらいという弱点がありました。妻が「ヤマザキのランチパックみたいに端が圧着するホットサンドが良い!」と熱く訴えてきたので、結局バウルーも買いました

しっかり耳を圧着できるので中の具がこぼれません。やはり元祖が売れているのには理由があるんですね。耳のカリカリ感を楽しみたい人はバウル―などの端っこ圧着タイプを買うのがおすすめです。

以上、登山向けのホットサンドメーカー重量比較ランキングでした。ご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク