スポンサーリンク

 

テント泊におすすめの最軽量サンダルを探してみた

 

 

テント泊がしたくなるシーズンになってきました。

 

山でテント泊するときにあると便利なのが「テント場用のサンダル」。有名どころではモンベルのソックオンサンダルなどが人気です。

 

 

【amazon】モンベル ソックオンサンダル

 

 

鼻緒がない独特の形状で登山用靴下を履いたまま履けるのも魅力のひとつ。

 

ただ、このソックオンサンダルの重さは片足で169g(Mサイズ)、両足で338gあります。

 

青山
寝袋などで荷物が多くなるテント泊、できるかぎりの軽量化をしたいです。これ以上軽量なサンダルってあるんでしょうか…?

 

テント場に使えそうな「靴下を履いたまま履ける軽量サンダル」で探したものを、重さ順にリストアップしてみました。

 

 

ゼロシューズの「ZトレイルEV」の重さは?

 

【amazon】ゼロシューズ M's ZトレイルEV

 

 

アメリカのサンダルブランド・ゼロシューズ。クッションが薄く、素足に近い感覚で地面の情報を感じ取る「ベアフットランニング」を楽しむことができます。

 

この「ZトレイルEV」は耐久性と高いグリップ力のある3層構造のソールを使用し、快適性と開放感を両立。折り畳むとコンパクトになります。

 

重さは片足が153g、両足で306gです。(※サイズは27.0cm)

 

青山
モンベルのソックオンより約30g軽いです。足首をベルトで固定できるので安定性にも優れています。素足でもいいなら鼻緒タイプのジェネシスは両足で約260gです。

 

Xero Shoes
Z-Trail EV

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

ノースフェイスの「ベース キャンプ スライド」の重さは?

 

【amazon】ノースフェイス BC Slide ベース キャンプ スライド III

 

 

人気アウトドアブランド・ノースフェイスのサンダルはどれくらいの重さなのでしょうか。

 

こちらの「ベース キャンプ スライドIII」はオーソドックスなサンダルデザインですが、素足でも快適に履けるべたつきにくい素材が使われ、安定感にも配慮されています。

 

重さは、片足で約124g。両足で248gです。(※サイズは27cm)

 

青山
モンベルのソックオンより約90g軽いです。自宅用やキャンプ・バーベキュー用としても使えます。

 

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
BC Slide ベース キャンプ スライド III

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

100均サンダルはどうなのか(ダイソーの場合)

 

100均テント場サンダルの重さ

 

 

「100均のサンダルがテン場サンダルとして優秀」というのを小耳にはさんでいたので、ソックスのまま履けるタイプのサンダルを買ってみました。300円です。

 

お店で手にしたときけっこう軽かったので期待を込めて計ってみると、

 

 

テント場用100均サンダルの重さ

 

 

2足で231gでした。

 

青山
モンベルのソックオンより約107g軽いです。ダイソーには鼻緒タイプもあり、そっちだと100g台かもです。

 

軽量マリンシューズという選択もありなのでは

 

 

 

海や川の岩場などで使われるマリンシューズもけっこう軽量です。

 

amazonで探したらよくわからない中国製がたくさん出てきたので、日本のシュノーケリングブランド・リーフツアラーのマリンシューズをピックアップ。

 

 

【amazon】REEFTOURER(リーフツアラー)マリンシューズ RA0110

 

 

リーフツアラーのマリンシューズは日本人の足に合わせて設計されています。夏用の軽量シューズで、2重メッシュ構造&ソール通気孔で蒸れにくく、厚底のEVAソールを採用しています。

 

重さは、片足約110g、両足で約220gです。(※27.0cmサイズ)

 

青山
モンベルのソックオンより約118g軽いです。山だけでなく川や海でも使えるのは大きな利点。値段も3000円程度で安いです。

 

REEFTOURER(リーフツアラー)
マリンシューズ RA0110

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

 

日本伝統のわらじの重さは?

 

昔の登山靴はわらじだった

 

 

ここまで調べて、「そういえば昔の登山では草鞋(わらじ)で山に登っていたな…」と思い、重さを調べてみることにしました。

 

軽量なワラで編んだわらじ、もしかしたらかなりの軽さを誇るのかもしれません。

 

ネットで調べてみたところ、色々と種類があり個体差もありますがおおよそ2足で120~180gあたりのようでした。

 

青山
モンベルのソックオンより約158~210g軽いです。ただ、消耗品なうえに先割れの地下足袋/靴下などが必要です。

 

BLEACH(ブリーチ)
草鞋&足袋セット LLサイズ (26~27cm)

【amazonで探す】【楽天市場で草鞋を探す】

 

靴下のような丸められる靴・スキナーズ2.0

 

【amazon】Skinners(スキナーズ)ベアフットシューズ Skinners2.0

 

 

この靴下のような靴、ご存じでしょうか。2018年にチェコのスタートアップ企業が開発したポータブルベアフットシューズ「SKINNERS(スキナーズ)」です。

 

ソール部分は耐摩耗性のある特殊ポリマーを二重レイヤー構造にしていて、防滑性もありマリンシューズやベアフットシューズとしても使用可能。丸洗いもOK。

 

 

テン場シューズにおすすめのスキナーズ

 

 

重さは、片足約92g、両足で184gです。(※Mサイズ)

 

青山
モンベルのソックオンより約154g軽いです。硬い地面(コンクリートなど)での利用は推奨されていないので、ガレ場のテント場では避けたほうがよさそうです。

 

 

 

Skinners(スキナーズ)
ベアフットシューズ Skinners2.0

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

ビルケンシュトックの人気軽量サンダル「マドリッド」

 

【amazon】BIRKENSTOCK MADRID EVA

 

 

ドイツのサンダルメーカー・ビルケンシュトックの軽量サンダル「マドリッド EVA」。濡れた場所でも滑りにくいEVA素材が使われています。

 

重さは、片足約76g、2足で約152gという素晴らしい軽量さ。(※24.5cmサイズ) 使用者が多いのも納得できる軽さです。

 

青山
モンベルのソックオンより約186g軽いです。amazonは高騰しがちでニセモノもあるようなので、楽天市場の方が安心です。

 

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)
マドリッド EVA

【楽天市場で探す】

 

伝説の最軽量サンダル・エバニュー「テン場サンダル」

 

【amazon】エバニュー(EVERNEW) テン場サンダル EBY412

 

 

さまざまな登山系アイテムを開発しているエバニュー、2019年に挑戦的な超軽量サンダルをリリースしていました。

 

FPマット素材を最低限の仕組みで履けるようにしたもので、重さは驚異の片足約37g・両足74g。調べたなかでは最軽量のサンダルです。

 

青山
さすがは超軽量折り畳み傘SL76も販売しているエバニュー。ただ、耐久性や使用感などで問題があったのか現在は販売終了となっています。

 

エバニュー(EVERNEW)
テン場サンダル EBY412

【amazonで探してみる】【楽天市場で探してみる】

 

【まとめ】私が買うならこのサンダル

 

 

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)
マドリッド EVA

重さ:152g(※24.5cm)

【楽天市場で探す】

 

 

選んだ中では、ビルケンシュトックのマドリッドがおすすめです。シンプルで使いやすく、ソールに十分な厚みがありトイレで足が汚れにくい。

 

自宅使い・バーベキューやキャンプなどでもサッと使えて汎用性にも優れています。

 

岩場でのケガが心配ですが、つま先保護があるサンダルは両足で400g~500g前後。ガレ場などを移動するときは登山靴を緩めに履いて歩くなどで対処するのがいいかと思います。

 

 

以上、300g前後以下の軽量テン場シューズのリストでした。ご参考にしていただければ幸いです。軽量サンダルが見つかりしだい、記事を修正していきます。

 

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。