スポンサーリンク

ヤマノススメ [Blu-ray]
ヤマノススメ [Blu-ray]

登山をテーマにしたアニメ「ヤマノススメ」。アニメ全話を見て原作の漫画も読みましたが、登山の事を知らない人・興味のない人に薦めたいとても優れた作品でした。実際にこのアニメをきっかけに登山を始めた方も多いようです。

アニメを見ていて気になったのが、登場人物が使う登山用品。ツボを押さえたチョイスをしています。作中に出てくる登山用品は何をモデルにしているのか、調べてみました。

(※ この記事は第1期の道具特定です)

【第2話(二合目)「ふたりで行こう!」】


引用:ヤマノススメ第2話「ふたりで行こう!」より

倉上ひなたのお父さん・倉上健一が持っている変わった形のテント。

引用:ヤマノススメ第2話「ふたりで行こう!」より

収納袋に「TENT raccoon dog Ⅴ」、アライグマのイラストが書かれています。おそらくモデルとなっているのは登山テント業界で老舗の「アライテント」だと推測できます。(アライ→アライグマ)

ただこのテントの形状はモンベル社のムーンライトテントがモデルではないでしょうか。1型なら重さが2.3kg。登山向けというよりはキャンプやバイクツーリングで人気のテントです。


モンベル(mont-bell) ムーンライトテント 1型 グリーン(GN) [1~2人用]

【第3話(三合目)「登山って、命がけ!?」】


引用:ヤマノススメ第3話「登山って命がけ!?」より


PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー

ひなたが取り出した「PRISM」のロゴが書かれたクッキングストーブ。これは「PRIMS(プリムス)」のバーナー「P153」がモデルだと思われます。圧電着火装置も付いていて高火力、私も持っている登山用コンパクトガスバーナーの名器です。

ガスストーブは各社さまざまな商品をリリースしていますが、このP153は質実剛健、買って満足・間違いないアイテムです。


引用:ヤマノススメ第3話「登山って命がけ!?」より

ひなたが山頂でお茶をするのに使ったのは、取っ手の形状からユニフレームのトレイルケトルがモデルのようです。

このデザインは今は廃盤になっています。同型のケトルは現在「山ケトル」としてリニューアルされています。


ユニフレーム(UNIFLAME) 山ケトル900

【第4話(四合目)「対決!山料理!?」】


引用:ヤマノススメ第4話「対決!山料理!?」より

小さくコンパクトにしまえる鍋。コンパクトに重ねて収納する事を登山用語で「スタッキング」といいます。こういった、中にガス缶が入るものはザック内に無駄なスペースができないので有り難いです。


PRIMUS(プリムス) ライテックトレックケトル&パン

「PS-801195コッヘルセット」と書いてあり、中に入っている黄色のガス缶はプリムス社のもの。プリムスのコッヘル、ライテックケトル&パンがモデルだと思われます。 コッヘルセットがあれば山でラーメンや炒め物などを楽しむ事ができます。


引用:ヤマノススメ第4話「対決!山料理!?」より

山道具屋で「チタン製?軽い」と感動している場面。手に持っているチタン製のフライパンは取っ手がL字型に折りたためるタイプ。L字取っ手のもので探しましたが、該当するフライパンが見つかりませんでした。


スノーピーク(snow peak) チタントレック900 SCS-008T

取っ手がL字にたためるフライパンはスノーピークのチタントレックくらい。ただ、持ち手の部分の加工が違うのでおそらく複数のデザインをミックスしているのだと思われます。

【第5話(五合目)「シュラフって何?」】


引用:ヤマノススメ第5話「シュラフって何?」より

斉藤楓先輩が悩んだ末に購入した24000円のダウンシュラフ。ダウン(羽毛)か化繊で悩んで少し値段が高い方のダウンを選んでいました。赤いデザインと価格帯で絞った所、イスカのエア180がモデルのようです。


ISUKA(イスカ)エア180× レッド [最低使用温度8度]

最高級のホワイトグースダウンを使用した、夏の中級山岳でのテント泊や避難小屋での宿泊に適したシュラフです。


引用:ヤマノススメ第5話「シュラフって何?」より

アライテント(ARAI TENT) Xライズ2 2人用

かえでが山で使ったテント。フライシート無しで、ポールが本体から少し離れていて、カラーが青。間違いなくこれはアライテントのX-ライズ(旧名:ゴアライズ)がモデルです。楓はシュラフ選びで「お金が無い」とか言っていたと思うのですが、これ実はけっこう良い値段がします。

【第7話(七合目)「デイパック、どれにする?」】


引用:ヤマノススメ第7話「デイパック、どれにする?」より

登山店で雪村あおいが一目ぼれしたザック。

引用:ヤマノススメ第7話「デイパック、どれにする?」より

ロゴに「Chaos(カオス)」の文字。これは「CHAMS(チャムス)」がモデルのようです。


あおいが選んだザックは、「CHUMS Zion Pack Sweat Nylon」のヘザーイエローxターコイズがモデル。2012年発売のデザインで、現在はもう廃盤になっています。ヤマススファンで持っている人がいたら尊敬のまなざしを送るのがいいと思います。


CHUMS(チャムス) Book Pack Sweat Nylon CH60-0680

現在売っているものではこちらが近いデザインです。バックルがひとつで使いやすいので、登山用途だけでなく街使いにもおすすめです。これにヤマノススメストラップなどを付ければ、ヤマススファンをアピールできます。日常使いに是非。

ちなみにチャムス社の鳥のキャラクターデザインは、ペンギンではなくブービーバード(アカアシカツオドリ)がモデルです。

【第12話(十二合目)「そして、次の景色ヘ」】


引用:ヤマノススメ第12話「そして、次の景色へ」より

飯能河原での川バーベキューで使った、黄緑色のカセットコンロ。


イワタニ カセットフー マーベラス フレッシュグリーン CB-MVS-1FG

これは間違いなくイワタニのカセットコンロ、マーベラスがモデルです。風除け付きで、ガス機器のプロフェッショナル・イワタニのハイパワーが売り。重量は3kgで多少重くて値段も張りますが、デザインと作りが秀逸。花見やバーベキューでこれを持って行けばヒーローになれます。現在はマーベラス2にバージョンアップしています。


引用:ヤマノススメ第12話「そして、次の景色へ」より

みんなでスープを飲むのに使ったカップ。


DINEX(ダイネックス) CLASSIC MUG CUP クラシック マグカップ

山登ラー御用達、ダイネックスのマグカップがモデルです。ウレタン材の二重構造で暖かいものがなかなか冷めず、冷たいものも冷たいまま。安いくせに保温保冷性能に優れていて軽くて壊れにくい逸品、日常使いにもおすすめです。


ダイネックスは登山をやっている人の5人に1人は持っているんじゃないかというくらいメジャーなカップなので、学校や会社で使っていたら「あれ?山、好きなの?」と会話のきっかけになる事まちがいなしのアイテムです。

以上、第一期のヤマノススメに登場した登山道具のモデル特定でした。第二期セカンドシーズン以降の登山道具も特定していますので合わせてご覧頂ければ幸いです。

※ ブログ内の引用画像の著作権は(c)しろ/アーススターエンターテイメントに帰属します。


【Blu-ray】ヤマノススメ 新特装版(1期全話収録)



【コミック】ヤマノススメ  (アース・スターコミックス)



【CD】ヤマノススメ オリジナルサウンドトラック



ねんどろいど ヤマノススメ 雪村あおい ノンスケール
青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。
スポンサーリンク