スポンサーリンク


登山のボードゲーム

買いました! 登山のボードゲーム「K2」! 2012年にドイツの年間ボードゲーム大賞で受賞した、山登りのゲームです。amazonで通常版(ドイツ語版)を注文しました。


DSC_0606.jpg

コマは木で出来ています。やっぱりアナログゲームって、TVゲームと違ってこういったコマの質感などに味わいがあっていいですね。


【K2ボードゲームの説明書は日本語ではなくドイツ語】


DSC_0605.jpg

日本語訳説明書付きのものはちょうど品切れだったため、正規版(本国版)を買いました。ドイツのゲームなので、説明書は全てドイツ語。遊び方やルールがさっぱりわかりません。ただ、ネットにはK2のプレイルールが載っているサイトがいくつかあります。私はこちらのブログを参考にしてプレイしました。

簡単に説明すると、プレイヤーは2人の登山家を出来るだけ上へ進ませて18ターン生存させ、2人の登山家が登った標高ポイントの合計が多いプレイヤーが勝ちというゲームです。上へ登れば登るほど点数が高くなりますが、1ターンで多くの体力が削られ、死んでしまうと標高ポイントが最低点になります。

死なないように体力を温存しながら他のプレイヤーより上を目指すのですが、1つの足場に1名しか留まれないエリアもあるので通せんぼをしたりして上手く相手プレイヤーの邪魔をしないといけません。体力回復用のテントをどこに張るかなどを考えるのも楽しいです。


【今度ゲーム動画を撮ってアップします】


K2ボードゲームプレイ動画用画像

嫁さんとテストプレイをした所、雪山登山のリアルさ・戦略性・運のバランスがなかなか良い感じで面白かったです。何度も遊んで飽きてきたら、ブロードピーク 拡張セットを買えば追加マップで遊べます。拡張キットがあるという事はそれだけドイツ本国で大ヒットしたんでしょうね。

雨の日で山行中止になった時、登山の代わりの遊びにおすすめのゲームです。登山部やワンゲル部の部室、クライミングジムや山小屋等に置いておくと休憩時にわいわい遊べるのではないでしょうか。

電気も使わず、目も疲れない。山好きならきっとこの「アナログな遊び」を楽しんでもらえると思います。山と珈琲のyoutube動画でK2のボードゲームプレイ動画を年明けあたりにアップしようと思っていますので、その際はご覧頂ければ幸いです。


【amazon】K2 ボードゲーム (Rebel.pl)

【楽天】K2(ケイツー) 【Rebel (レベル)】 ボードゲーム/テーブルゲーム

【amazon】K2 日本語版(REBEL.PL / テンデイズゲームズ )

【amazon】K2 ブロードピーク 拡張セット

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。
スポンサーリンク