スポンサーリンク

 

 

フィールドホッパー

 

 

 

私が愛用しているソト(SOTO)のフィールドホッパー ST-630。山コーヒーのテーブルとして大活躍しています。

 

 

 

重さは395g。広げるとパッと一瞬で開いてくれて、畳むのも簡単、天板がステンレスで硬いので置いた時の安定感もポイント高いです。地面に直にコーヒー器具を置くと水平をとるのに苦労するんですが、このテーブルは水平が取りやすい上にたわまないのでコーヒーの抽出作業がやりやすいんです。

 

 

 

広げた面積はA4用紙くらいで2人分の食器スペース程度。かなりコンパクトですが、使い勝手は素晴らしいです。開け閉めの様子はこちらの動画でご紹介しています。

 

 

 


【山と珈琲】春日山原始林と山コーヒー【押すプレッソ】

https://youtu.be/28K8wLrGvAQ

 

 

 

 

 


 

【そんなフィールドホッパーに新色が登場しました】

 

 

 

 

以前はシルバーのステンレス1色だけでしたが、この秋に新色が登場。ブラウン・ゴールド・ブルーの3色が限定生産で販売開始となりました。

 

 

 

引用:http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-630_3c/

 

 

 

実物を見てきましたが、個人的にはこの3色の中ではゴールド(イエロー)が山コーヒーにおすすめかなと思います。ブラウンはコーヒーと色が被りますし、ブルーはおしゃれですが食欲を刺激しにくい色です。ゴールドはコーヒーの色との対比も良く、明るい色で認識しやすいので置き忘れ・踏みつけの確率も減ります

 

 

 

気になったのは、思っていたよりゴールド感が強かった事。画像では黄色が強いように見えますが、実物はもっとゴールド寄りです。コーティングの影響で陽射しを反射してまぶしくなる可能性があるなと感じました。新しいもので差を付けたい人は新色が良いかもですが、従来のアルミ色が一番シンプルで使いやすいかもしれません。

 

 

 

フィールドホッパーに興味はあったけど買いそびれていたという人は、この新色登場を機に手を出してもいいのではと思います。特にソロ登山で山コーヒーをする方には是非ともおすすめしたいアイテムです。便利です、本当に。

 

 

 

 

 


SOTO(ソト) 新富士 フィールドホッパー ST-630 ゴールド

SOTO(ソト) 新富士 フィールドホッパー ST-630 ブラウン

SOTO(ソト) 新富士 フィールドホッパー ST-630 ブルー

 

 

 


SOTO(ソト)新富士 フィールドホッパー ST-630

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。