スポンサーリンク

 

引用:スタジオジブリ「紅の豚」作品静止画

 

 

久しぶりにスタジオジブリの「紅の豚」を見ました。この作品、妻も私も大好きな作品です。

 

 

引用:スタジオジブリ「紅の豚」作品静止画

 

 

作品後半、ポルコがヒロインのフィオにキスされるシーンでアンティークなランプが灯っていました。

 

妻が「あのランプ欲しいなあ」とつぶやいたので、実際に売っているかどうかちょっと探してみました。

 

 

 

フランスのガーダード社のオイルランプが近似

 

 

 

見つけました。19世紀フランスのガーダード社のオイルランプ。これがモデルになっているのではないでしょうか。

 

GAUDARD(ガーダード)社は、伝統的で卓越した技術を有したフランス政府お墨付きの企業。オイルランプの巻き芯バーナーで世界トップの生産量と品質を誇っています。

 

いくつかの形状がありますが、このGIL06A-TDは小ぶりのテーブルやベッドサイドで使用されてきたモデル。ティアドロップ型のガラスホヤは筒型に比べて明るさが少ないのですが、ゆらぎのある燃焼のため雰囲気があります。ダンディズム溢れるポルコに適した、エレガントな真鍮製ランプです。

 

 

 

オイルランプGIL06Aのスペックと使い方

 

【サイズ】  幅14cmx奥行17cmx高さ30.5cm
【燃焼時間】 約35時間
【使用燃料】 灯油またはリキッドキャンドル (レインボーオイル )
【替え芯】 65mm巻芯 EPS202

 

 

【使用動画】


https://youtu.be/GFI8bbEXQQM?t=25s

(※ 使い方動画は韓国語での紹介動画のみでした)

 

 

このフレンチオイルランプはどこで買えるのか?

 

 

このアンティークなフランス製のオイルランプ、入手は困難かと思いきやネットショップの楽天市場・amazonで売ってました。お値段は15000円~20000円くらい。名品だけあってそこそこの値段がします。

 

ポルコが愛用したフレンチランプに火を灯せば、家族や恋人・友人と「時には昔の話をしよう」という気分になれるでしょうし、弾丸のチェックをしていたポルコのようにランプの灯りの元で登山用品のメンテナンスも愉しめます。

 

LEDでは味わえない19世紀のぬくもり。オイルランプのほのかな明かりで、憩いの夜のひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 


GAUDARD
オイルランプ GIL02A

【amazonで探してみる】【楽天市場で探してみる】

 

真鍮製 4分芯オイルランプ

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

 

【紅の豚 関連グッズ】


紅の豚 [Blu-ray]

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 


 【amazon】紅の豚 サウンドトラック

 


 【amazon】時には昔の話を/加藤登紀子

 


 【amazon】紅の豚 サボイアS.21 試作戦闘飛行艇 FJ1 1/72スケール

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。
スポンサーリンク