スポンサーリンク

 

イモトマッキンリー登頂

 

 

イッテQ!2時間スペシャルにて、イモトアヤコさんのマッキンリー登頂の様子がついに放送されました。 標高6168m、登頂成功率は平均37%という過酷なマッキンリー。刻一刻と変わる天候、爆笑のC4ライブ、素晴らしいチームの結束力、絶壁・デナリパスの恐怖のトラバース、高山病と闘うイモトさん、そして感動の全員での山頂到着。見応えある動画でした。

 

青山
負傷者は出し物で江頭2:50のモノマネをして足を負傷したバムライ(小野寺D)さん1名。大きな事故も無く無事に下山できて何よりです。

 

素晴らしい成果を成し遂げたチームイモト、マッキンリー攻略のためにどんな登山道具を使っていたのでしょうか。TVの映像やブログの画像などを元に検証・特定してみました。

 

イモトアヤコさんのマッキンリー登山装備

イモトアヤコさんが着ていた赤いジャケット

 

テルヌアイモトモデルJUGALハードシェルジャケットマッキンリー

Ternua(テルヌア)
Women jugal vellón

【石井スポーツオンラインストアで テルヌアのジャケット を探す】

 

ジャケットは、スペインのアウトドアブランド・テルヌアのハードシェル「JUGAL」でした。アイスクライミングなどでも使える極所向けのジャケットで、日本ではまだ発売されていません。このジャケットの現地価格は314.96ユーロ、日本円にして42809円。輸入されたら関税などで6~7万円くらいになると思われる高性能な高級ジャケットです。

 

 

イモトアヤコさんが背負っていた黄色いザック

 

GREGORY(グレゴリー)
アルピニスト

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

背負っていた黄色いザックはグレゴリーのアルピニスト(カラーはアルパインゴールド)でした。ウエストベルトにソリ牽引用アタッチメントが配された、荷物運搬用の頑丈なモデル。今回のマッキンリー攻略ではソリでの荷物運搬が不可欠だったので、まさにマッキンリー攻略にうってつけのザックといえます。現行モデルではゴールドカラーは作られていません。

 

 

イモトアヤコさんが使っていた水色のサングラス

 

OAKLEY(オークリー)
Fast Jacket Sky Blue w/VR50

 

サングラス、オークリーのファストジャケットでした。独自のレンズ交換システム「スウィッチロック・テクノロジー」で天候が急変したときも素早くレンズ交換が可能。また、ハイドロフォビックレンズコーティングにより雨を撥水、クリアな視界を維持することができます。スリーポイントフィット構造で圧迫感が少ない掛け心地。極地は紫外線や風が強烈なので、サングラスは必需品です。

 

青山
現行モデルではhalf jacket 2.0が近いです。

 

イモトアヤコさんが被っていたキャップ(ビーニー)

 

テルヌアイモト登山帽子

Ternua(テルヌア)
Doolin Beanie

【石井スポーツオンラインストアで テルヌアのニットキャップ を探す】

 

イモトさんが被っていたキャップは、マナスル登山のときから被っているテルヌアの「Doolin Beanie」の赤。現在は廃番となっています。

 

 

イモトアヤコさんが着ていたボアフリース

 

イモトが着ていたマムートのボアフリース

MAMMUT(マムート)
Thermal Pro GOBLIN Jacket

【amazonで ゴブリンジャケット を探す】

【楽天市場で ゴブリンジャケット を探す】

 

ボアのフリースは、クライミングブランド・マムートのゴブリンジャケットでした。ポーラテックのサーマルプロを採用した、保温性とストレッチ性に優れている人気のアイテム。高級価格帯なので細部の作りもしっかりしています。冬の中間着におすすめです。

 

 

イモトアヤコさんが着ていたハーフジップのインナーシャツ

 

イモトマッキンリーマムートインナー

MAMMUT(マムート)
Illiniza Zip Pull AF Women

【amazonで マムートのハーフジップ を探す】

【楽天市場で マムートのハーフジップ を探す】

 

インナーでよく着ていたのは、マムートのイリニサ・ジッププルアジアンフィット。汗冷えを防ぐ調湿機能と不快な汗の臭いを防ぐ抗菌防臭機能を備えています。

 

 

ヘルメットの下に被っていたワークキャップ

 

イモトがマッキンリーで被っていた帽子

PAINE(パイネ)
ワークキャップ

 

ヘルメットの下に被っていた帽子は、パイネのワークキャップ。パイネは石井スポーツで販売されているオリジナルブランド。この帽子は2012年にリリースされ、現在は廃番になっています。

 

 

イモトアヤコさんが着ていたダウンジャケット

 

イモトのダウンジャケットテルヌア

Ternua(テルヌア)
Plumas Bogside Morado Mujer

 

ダウンジャケットもテルヌアを着ていました。一般的なダウンジャケットに比べて25%から50%も軽い、超軽量ジャケット。現在は廃番になっています。

 

 

ソリに乗せていた赤いダッフルバッグ

 

イモトマッキンリーソリの荷物入れ

GRANITE GEAR(グラナイトギア)
パッカブルダッフル36

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

ソリの荷運びで使っていたバッグは、アメリカのアウトドアブランド・グラナイトギアのパッカブルダッフルバッグ。超撥水素材「BARRIER」を採用し、パッド入りハンドルで背負う事も可能。極地の長期遠征などで使用されているプロ仕様のダッフルバッグです。40Lから145Lまでの4サイズあり、使用されていたのは36の145Lと思われます。

 

 

イモトさんが被っていたヘルメット

 

PETZL(ペツル)
Meteor III+ (Violet/White)

【amazonで ぺツルのヘルメット を探す】

【楽天市場で ぺツルのヘルメット を探す】

 

ヘルメットは、クライミングブランド・ペツルのメテオ3プラスを使っていました。軽量性と快適性に優れ、クライミングやマウンテニアリングで使用されるヘルメットの代表モデルになっています。

 

 

イモトさんが履いていた登山靴

 

zamberlan(ザンバラン)
エクスパート プロGT ライトグリーン ZA-4041GT

【amazonで ザンバランの登山靴 を探す】

【楽天市場で ザンバランの登山靴 を探す】

 

登山靴は、イタリアの名門登山靴ブランド・ザンバランのエクスパート プロGT(ライトグリーン)でした。防水性と保温性を併せ持つ冬山用のトップモデルの登山靴。片足で1kgあるので堅牢性・安定感も優れています。

 

 

イモトさんが使っていたアイゼン

 

GRIVEL(グリベル)
G12・ニューマチック

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

アイゼン(靴に付けていた爪)は、グリベルの12本爪と思われます。つま先とカカトがプラスチックハーネスになっていて、さまざまな冬山用登山靴に装着することができます。

 

 

山頂アタック時に登山靴に付けていたゲイター

 

ザンバラン(zamberlan)
Mt.エベレスト BK ZA-8000

【楽天市場で ザンバランのゲイター を探す】

 

山頂アタック時に履いていた長靴のような登山靴は、ザンバランの「Mt.エベレスト」。ゲイター付きの高所遠征モデルで保温性の高いダブルブーツ構造になっています。価格も14万円と、エベレストな値段です。

 

 

イモトさんが使っていた山岳テント

 

PAINE(パイネ)
G-LIGHT テント

 

イモトさんが使っていた山岳テントは、パイネのG-LIGHTでした。パイネはICI石井スポーツのブランド。極地遠征を想定したモデルで、超軽量&コンパクト&ゴアテックスより20%高い透湿性を有しています。

 

 

イモトさんが使っていたシュラフ(寝袋)

 

マッキンリーでイモトが使っていた寝袋シュラフ

VALANDRE(ヴァランドレ)
トール

【石井スポーツオンラインストアで探す】

 

イモトさんが使っていた寝袋は、極地遠征用の寝袋メーカーとして評価が高い「Valandre(ヴァランドレ)」の最高峰モデル「トール」。適合温度-50℃で北極探検にも使用されているモデルです。お値段15万円。ダウン量が多いからか、スタッフバッグになかなか収まりきらずに毎朝イモトさんをイライラさせていました。

 

 

マッキンリーの山頂で着ていた極地用のスーツ

 

イモトがマッキンリー山頂で着ていた服

VALANDRE(ヴァランドレ)
COMBI

【石井スポーツオンラインストアで探す】

 

イモトさんがマッキンリーの山頂で着ていた服、ヴァランドレの全身ダウンスーツ「コンビ」でした。適合温度は-35℃の極地仕様。お値段は22万円。ヴァランドレ社30年のノウハウが詰まった逸品です。

 

 

イモトさんが麓の町で着ていたダウンジャケット

 

ミレー(MILLET)
Women's LD MONT MAUDIT HEAT DOWN JKT

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

 

麓の町タルキートナまでの移動の時に着ていたダウンジャケットは、フランスのアウトドアブランド・ミレーの「モンモディ(2014年モデル)」でした。撥水性と透湿性のある高機能ダウンで、現在のモデルはストレッチ性も加わっています。

 

 

【まとめ】

 

 

 

2009年にイモトさんが初めてキリマンジャロに登った時はノースフェイス、モンブラン編やアコンカグア編ではモンベルのジャケットを着ていました。今回のマッキンリーはICI石井スポーツが全面的にサポートしているのもあり、石井が扱っているテルヌアやパイネをメインに、マムートやミレーで装備を揃えていました。

 

それにしても石井スポーツは「岳」などの登山映画や登山アニメ「ヤマノススメ」とのタイアップなど、メディアに協力する姿勢が素晴らしいなと思います。今回のマッキンリー登頂でまた石井ブランドの信頼性が高まるのではないでしょうか。

 

 

OAKLEY(オークリー)
Fast Jacket Sky Blue w/VR50

 

個人的に欲しいなと思ったのは、イモトさんが使っていたオークリーのファストジャケットのサングラス。日頃の登山装備に取り入れやすいですし、他のスポーツでも使えます。現行モデルのhalf jacket 2.0、一度試着してみたいと思います。

 

 以上、「イッテQマッキンリー編・イモトアヤコさんの登山装備特定」でした。

 

 

イッテQ登山部シリーズの道具特定記事について

 

青山
こちらの記事も合わせてご覧ください。

 

 

 

世界の果てまでイッテQ! 10周年記念 DVD BOX-BLUE

 

世界の果てまでイッテQ! 10周年記念 DVD BOX-RED

青山
DVD、イッテQ登山部は残念ながら未収録のようです。

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。