登山用ガスカートリッジ(OD缶)の空き容器の重さについて
スポンサーリンク
登山用ガスカートリッジの捨て方

溜まっていた登山用のガス缶(通称OD缶)を使い切って処分しています。このガス缶、あとどれくらい使えるのかがいまいちわかりづらいです。なので、重さから残り容量がわかるようにガスカートリッジの空き缶の重量を計量・調べてみました。

今のガス缶の重さを入力するとガス残量が何gかわかる計算式は記事の後半にあります。

(※下記リンクから記事内移動します)

【記事内リンク→】ガス残量があと何gかわかる計算式

スポンサーリンク

アウトドアメーカー各社のガスカートリッジの空き容器のみの重さ

アウトドア用のガスカートリッジを販売している各ブランドのガス缶の重さは下記の通りです。

(※プリムス以外は実測値ではなくインターネット上のデータを参照しています)

(※リスト外のブランドは後日追記します)

PRIMUS(プリムス) OD缶の空き容器の重量

プリムスの登山用ガスカートリッジ(OD缶)の空き容器の重さ

110サイズ(小) IP-110
101g / 213g

250サイズ(中) IP-250G/T
150g / 375g

500サイズ(大) IP-500G/T
202g / 667g

SOTO(ソト) OD缶の空き容器の重量

SOTO(ソト)ガスカートリッジ空き容器の重さ

パワーガス105(小) SOD-710T
102g / 207g

パワーガス250(中) SOD-725T
155g / 385g

パワーガス500(大) SOD-710T
220g / 680g

EPI(イーピーアイ) OD缶の空き容器の重量

EPIgas(イーピーアイ)のガスカートリッジ空き容器の重さ

110パワープラス(小) G-7013
85g / 185g

230レギュラー(中) G-7001
146g / 376g

230パワープラス(中) G-7009
153g / 378g

500レギュラー(大) G-7002
210g / 680g

500パワープラス(大) G-7013
218g / 678g

190エクスペディション(中) G-7014
147g / 337g

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) OD缶の空き容器の重量

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) のガスカートリッジ(OD缶)の空き容器の重さ

150サイズ(小) CS-150 M-8258
130
g / 280g

250サイズ(中) CS-250 M-8251/PX-250 M-8406
150g / 380g

500サイズ(大)CS-500M-8250/PX-500 M-8405
210g / 680g

空き容器だけでも意外と重さがあるというのがよくわかります。この3社では、一番軽い空き缶はEPIの110パワープラスの85gです。プリムス小サイズより16g軽いです。

スポンサーリンク

残量があと何パーセントかがわかる簡易計算式

今使っているガスカートリッジの重さを量れば「あと何g入っているか」がわかる簡単な計算式を作りました。計算式に無いブランドは追記する予定です。

目安として、水160㏄(コーヒー1杯分)を沸騰させるのに使ったガスは3g。カップラーメン(300㏄)は6gのガスを消費しました。

(※条件:屋外(微風)/気温18度(2月、晴れ)/水温23.3度/水量160㏄/プリムスパワーガス500T、プリムスp153バーナー、スノーピークチタンシェラカップ使用/風防なし)

おすすめの登山用ガスカートリッジの穴あけ器具

ガスカートリッジ(OD缶)の穴あけ処理に使う道具

なお、今回穴あけ器具で使ったのはEpiGas(イーピーアイガス)のカンベンチレーター2。缶のヘッド部分に引っ掛けて、テコの原理で簡単に穴を開けることができます。ハンマー&釘で穴を開けるより安全なのでおすすめです。

EPI(イーピーアイ) カンベンチレーター2

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

スポンサーリンク