雨の日の幼稚園の自転車送り迎え用レインウェア
スポンサーリンク
経年劣化した登山用レインウェア

山登りで使われる登山用のレインウェアは、登山者の命を悪天候から守るために非常に高い能力を持っています。豪雨でも体を濡らさない撥水性能、汗をかいても蒸れにくい透湿性。値段は高いですが、市販のレインコートに比べると性能差は大きいです。

この「雨を制する高性能」は登山だけでなく子育てでも大活躍します雨の日に子供を連れて動き回っても衣服内が蒸れずに快適、汗冷えしにくいので体調管理ができ風邪も引きにくいです。妻は、雨の日は毎回この登山用レインウェアを着ていました。

購入から7年が経ち、ついに妻の登山用レインウェアが寿命を迎えました。

経年劣化した登山用レインウェア

経年劣化で内側の生地の傷みが激しくなり、ウェアを脱ぐたびに生地の破片がポロポロ落ちます。手首のあたりの防水機能も劣化し、メンテナンスをしても撥水透湿性能が十分に発揮できない状態になりました。

富士登山、キャンプ、子供の送り迎え。様々な場面で妻を風雨から守ってくれたレインウェアも買い替えの時がやってきました。マーモットさん、ありがとうございました。

【amazon】Marmot WS ZP COMODO JACKET
(※現在はデザインが異なっています)

試着無料のamazonワードローブでレインウェアを注文。

プライムワードローブの中型の箱

新しい登山用レインウェアを買うために、amazonの試着返品無料サービス・プライムワードローブを利用。このサービスは色味が気に入らなかったり、着てみてサイズが合わなければ送料無料で返品できるという画期的なもので、幼児と子供がいてゆっくり試着できない青山家ではかなり役立っています。

注文したのは、比較用のミズノの街用レインコート「ミスティコート」と、同じくミズノの登山用レインウェア・「ベルグテックEX ストームセイバー6」の2点です。

【amazon】MIZUNO(ミズノ)
ミスティコート

【amazon】MIZUNO(ミズノ)
ベルグテックEXストームセイバ-VIレインスーツ

前と同じマーモットのレインウェアを買おうと思いましたが、ジャケットの上着だけで18000円。予算的に厳しかったので見送ることにしました。

まずはミズノのミスティコートを試着。

ミズノのミスティコートを自転車用レインウェアに

こちらがミズノのミスティコート。街用のレインコートで膝丈サイズのロングコートです。価格は定価7590円がamazon価格で5840円でした。(※2020年2月現在)

色味はamazonの商品画像とだいたい同じ。柄の網の目は思ったほど細かくなく、ちょっとポップな雰囲気です。

雨に対する性能は、耐水圧が15,000mmで透湿性は3000g。強い雨をしのぎ、多少の運動時の蒸れも軽減してくれます。登山用ほどの性能ではありませんが、この価格でこの性能はさすがミズノです。

ミズノのミスティコートを着てみた感想

試着した妻の感想は「登山用に比べると物足りない」でした。手首部分がゴムでマジックテープで調整できないので袖の処理が面倒な点、ポケットが右側にひとつだけなので収納力に乏しい点。

そして、一番のマイナス点は「畑仕事をしている母の作業着とデザインが似てる」でした。チェック柄は無難だと思って選んだのですが、まさかのお義母さん被りでした。

ただ、胸と背中に大きめのベンチレーション(空気の通り穴)が付いていたり、撥水・透湿性能もそこそこにあるので一般的なレインコートとしては優れていると思います。チェック柄が好きで予算内の人にはおすすめです。色展開はネイビー、ベージュ、ブラックと3色あります。

本命の登山用レインウェア・ストームセイバー6を試着。

ミズノストームセイバーを雨の日の幼稚園の自転車送り迎えレインコートに採用

続いて、こちらがミズノの登山用レインウェア・ベルグテックEXストームセイバー6。富士登山で人気NO1の使用率を誇る、登山初心者に人気のレインウェアです。

ベルグテックEXストームセイバーの耐久撥水・防水・透湿のタグ

雨に対する性能は、耐水圧30000mm以上で透湿性16000g。先ほどのミスティコートに比べて耐水圧が2倍、透湿性は約5倍です。豪雨に降られても耐えしのげ、街用レインコートの5倍は蒸れにくいです。

登山用レインウェアの平均価格が上下セットで3万~4万円なのに比べ、ストームセイバーのamazon価格は上下セットで13680円(2020年2月現在) 登山業界では「お手頃価格」の部類に入ります。

ミズノベルグテックEXストームセイバー6を着てみた(ブログ用)

着た感想は、着心地が軽くてストレスが無いのが第一印象。他には、生地が薄くて蒸れにくそう、ターコイズの色味が良い、ゆとりがあるので動きやすい、レインハットを使うのでフード部分が収納できるのは良い、ズボンの裾のジップが大きく開くので靴を履いたまま脱げるのが楽、袖丈がちょっと長いがマジックテープで調整可能、襟の素材の肌触りが気持ちいい、などでした。このあたりの使い勝手はさすが登山用です。

気になった点は、脇部分にベンチレーションが欲しい(前のマーモットのレインウェアには両脇にあった)、モデルさんの商品写真より全体的にちょっと太い、色がワントーンなのでのっぺりする、などでした。

確かに色味ののっぺり感はちょっと気になります。取り寄せにあたって他の登山ブランドのレインウェアも探したのですが、全体的に単色が多く色味がのっぺりしたのが多かったです。ツートンや良い色のものは金額が3万円越えになるので、ほどよい価格でデザイン性のある登山用レインウェアが出ればいいなと思います。

単色のレインコートに、カラフルなレインハットを

この「のっぺり」対策はデザイン性のあるレインハットで補えると思います。いま検討しているのはこの帽子です。

Goods-kobe(グッズコウベ)
クレイジーパターン レインハット

レインウェア付属のフードを頭にすっぽり被ると左右が見えにくくなったり音が聞こえにくくなる欠点があります。その点、レインハットは視認性が良く通気性があり快適で安全性も優れています。子供を乗せて自転車に乗っている時に「見えづらい」「聞こえにくい」は母子の命にかかわります。雨の日の自転車用に1つあると安心です。

スポンサーリンク

送迎用自転車レインコートをお探しの方の参考になれば。

登山用レインウェア・ターコイズカラーのストームセイバー

快適かつ安全で、母親の体調も守ってくれる登山用レインウェア。雨の日の子育てママの強い味方です。また、実際に使いしだい使用感をご報告します。

スポンサーリンク