スポンサーリンク

 

 

 

登山でコーヒーを楽しむ動画「山と珈琲」。8月1日、河内長野のPL花火の日に金剛山に登って、山頂から花火観賞をしてきました。
 


【山と珈琲】金剛山の山頂からPL花火観賞【山でカフェロワイヤル】
http://youtu.be/a7lQZnxm-VQ
(フルハイビジョン画質1080p・PCブラウザ推奨)

 

 

 

 

 


 

【所感】

 

 

 

 

登山マンガ「岳 みんなの山」3巻の「プロフェッショナル」という話で、主人公・島崎三歩が救助隊員の椎名久美に山の上から花火を見せるシーンがあります。この「ちっちゃいたまや」を実際に自分の目で見てみようと思い、金剛山に登ったらホントにマンガと同じような花火を見る事ができました。

 

 

 

 

 

 

「山の上から小さいたまや」、かわいらしくて良かったです。カメラのズームで寄ると面白い写真も撮れます。実際にカメラマンの人が何人か来ていたので撮影スポットとしても人気のようです。

 

 

 

なお打ち上げ開始1時間前には大勢のカメラマンが崖際の場所を押さえていたので早めの場所取りを推奨します。

 

 

「ドン」という音はかすかに聞こえる程度。迫力を求める方には物足りないかもしれません。キャンプがメイン、花火をおまけにするといいのではないでしょうか。

 

 

 

なお金剛山ロープウェイの運行時間は午前9時から夕方5時まで。花火の時間には運行を終了しています。なので金剛山山頂から花火を見ようと思ったら、山頂の宿泊施設に泊まるか、キャンプ場でテント泊するか、ヘッドライトを装備して夜間登山にチャレンジするかの3択になります。

 

 

(夜間登山にはライトなどの登山装備はもちろん、日中に登り慣れておく事が必要です。登山初心者の方はご注意ください)

 

 

 

 

 


 

【大阪府民の森・金剛山ちはや園地キャンプ場の感想レビュー・評価や注意点】

 

金剛山ロープウェイは往復料金1350円。手荷物料金200円。下の駐車場は1回(1泊2日)で600円。常設テントは一張り4000円。バーベキューコンロ貸出1000円。寝袋1つ300円。4人で割ったら利用料3000円くらいです。

 

 

食器一式はテントを借りたら無料でレンタルできます。水道から出る山の水はきれいで、空気もきれい。トイレも掃除が行き届いていてきれいでした。(しかも洋式)
 

 

 

なお、キャンプ場にバンガロー(7000円)は2つしかないので早めの予約が必要です。この日も満室で予約が取れませんでした。持ち込みテントサイトは1区画500円、薪や炭も良心的な価格設定で夜19時まで管理棟で購入できます。

 

 

大阪・金剛山のちはや園地のキャンプ場、口コミや評判通りの良いバーベキュー場所です。一番良かったのは、標高が高いので下界より涼しい点。避暑地バーベキューは暑い夏におすすめですね。

 

 

 

●金剛山ちはや園地キャンプ場
http://osaka-midori.jp/mori/chihaya/bbqCamp.html

 

ちなみに、駐車場からロープウェイ駅までと、ロープウェイ駅からキャンプ場までの道のりは登り坂が続きます。バーベキューアイテムなどの重い荷物を運ぶ時はアウトドア用のワゴンキャリーがあると便利です。鉄鍋のダッチオーブンが重くて泣きそうでした。

 

 

 

 


【amazon】コールマン アウトドアワゴン

 

 

 

 

 


 

【今回の登山装備】

 

 

 


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステンレス製パーコレーター3カップ

登山マンガ「岳」の三歩が愛用するパーコレーター。抽出理論的に味の品質はまあまあですが、雰囲気は最高。是非焚き火で抽出したい、心の舌で味わうコーヒーアイテムです。ソロなら3杯用が量や大きさ的にちょうど良いです。今回のような大人数だと6カップのパーコレーターくらいの大きさは欲しいところです。

 

 

 

 




ライラック カフェロワイヤル

カフェロワイヤルをするために必要な特殊なスプーン。先に引っかかりがあるのでカップの上に乗せやすい構造になっています。百貨店などを探し歩いても見当たらなかったのでネットで買いました。
 


サントリー ケーキマジック ブランデー 100ml

カフェロワイヤルをする際、ブランデーのアルコール度数は40%以上が推奨されています。ある程度高くないと火が付かないんです。このケーキマジックのブランデーは39%で、ちゃんと火がつきました。小瓶で使いやすいのがメリットです。
 


PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー

 

信頼と安定のプリムスP153。買って数年経過していますが、いまだに大したメンテをせずに使えています。火力もしっかりしていて、非常にコンパクト。たくさんのメーカーがコンパクトガスストーブを販売していますが、このモデルは買って失敗の無い人気のガスバーナーです。

 

 

 

 

 

スノーピーク チタンシェラカップ
スノーピーク(snow peak) チタンシェラカップ E-104

 

山でコーヒーを飲むならコレ。山屋御用達のシェラカップ。目盛りがついているのでちゃんと計量してコーヒーや料理を作る事ができて便利です。チタン製なので、薄くて軽いくせに丈夫。直火にかけられるのでコーヒーが冷めても簡単にあたためることが出来ます。バーベキューでこれを持ってると取り皿にもなって便利。日常生活で使うと「山の雰囲気」が自宅にいながらにして味わえます。

 

 

▲ コーヒー登山動画「山と珈琲」作品リストに戻る ▲
 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。