コーヒー登山動画「山と珈琲」


「山と珈琲」で使った道具のご紹介


当ブログの説明と自己紹介
 

山コーヒーを抽出法別でご紹介


山コーヒーの豆知識などを掲載


おすすめの登山系ギフトをご紹介


▲ スポンサードリンク ▲
2013.10.02 Wednesday

山コーヒーの楽しみ方と心得的なもの



 

 

 

 

 


登山でコーヒーを楽しむ、山コーヒー。


人それぞれ流儀や楽しみ方はありますが、私なりの「山コーヒー」はこんな感じです。

 

 

 

 

 


 

【勝ち負けの概念から解き放たれる、山コーヒー】

 

立山で山コーヒー

 

 


山頂は体調が崩れると踏めません。絶景は天候が崩れると見れません。

 



山頂を踏破する事を目的にすると、そこに到達できなければ「撤退」「敗北」となります。

 

 

 

絶景を望む事を目的にすると、それが見れなければ「失敗」「無駄足」になります。

 



ですが「山コーヒー」を目的にすれば、山頂に登れなくても麓で山を眺めながらコーヒーを飲めば目的は達成されます。絶景が見られなくても、美味しいコーヒーが飲めれば充実感をもって山行全体を楽しむことが出来ます。

 



現代社会の勝ち負けの世界から離れ、動物としての競争本能からも解き放たれ、本当の意味での非日常・心の平穏を楽しむ。まずく出来たコーヒーすら美味しく感じ、誰もが満足感を得られる。

 

 

 

それが山コーヒーの魅力だと思っています。

 

 

 

 

 


 

【山コーヒーの楽しみ方♯1 いつもと違う環境を楽しむ】

 

 

 


アウトドアでのコーヒーを美味しく感じる理由のひとつが「転地効果」です。ヒトはいつもの環境が違う状態に置かれると、危機感を感じて五感が鋭くなります。林間キャンプのカレーや山頂でのカップラーメンが美味しいのはこの心理効果が作用していると考えられます。



エアコンで快適な温度がキープされた室内ではなく、自然の気候の熱さ寒さに適応しなければいけない野外。エレベーターやエスカレーターに頼るのではなく、自らの足を動かして山を登る。コンクリートのビル街ではなく、空や森が一望できる大展望。排気ガスの臭いの無い、緑の香りに満ちた空気。



変化に富んだ自然環境に身を置く事で五感は冴え、心に響くコーヒーを味わう事ができます。



また、いつもと違った手間のかかる淹れ方をしたコーヒーも非日常感を更に高めてくれます。お湯で溶かすだけのインスタントやボタンワンプッシュで出来あがるコーヒーではなく、わざわざハンドドリップでコーヒーを淹れたり、焚き火で時間をかけて湯を沸かしたり、生豆から焙煎したりすると、転地効果は更に高まります。

 

 

 

 

 


 

【山コーヒーの楽しみ方♯2 コーヒーにはその山の湧き水を使う】

 

 

 


ミネラル成分が多い山の湧き水は、実際のところコーヒー成分が十分に引き出せない可能性が高いです。ただ、「山コーヒー」という観点から考えると出来れば山の湧き水を使いたい所です。



その理由は、その山の湧き水を飲む事で自然との繋がりをより感じることが出来るからです。人は水無しでは生きていけない。水をたくわえる山や森がなくては生きてはいけない。人は自然によって生かされているという事を身をもって感じられるのも山コーヒーの醍醐味だと考えています。

 

 

 

 

 


 

【山コーヒーの楽しみ方#3 コーヒーブレイクはゆったりと楽しむ】

 

 

 


コーヒータイムはたっぷりと1時間は確保したいです。時計を見ずにくつろぐくらいの余裕をもったスケジュールが理想です。



風に吹かれながら、本を手に読書を楽しむ。景色を眺めてまどろみながらコーヒーを楽しむ。



「山ならではの時間の流れ」が、コーヒーの味わいをより引き立たせてくれます。

 

 

 

 

 


 

【山コーヒーの楽しみ方#4 心の舌で味わう】

 

 

 


一緒に山に登った友人にふるまって、周りの登山客にふるまって、美味しいねと笑顔を交わす。コーヒーによって生まれる笑顔が、「コーヒーの味を越えた、思い出の味」を生みます。



また、その時の人生の状況もコーヒーの味わいを左右します。仕事に疲れた時、悩み事を抱えた時、人生の大きな分岐点に差しかかった時。山に登って豊かな景色を眺めながらコーヒーを飲むと、複雑にからまった糸がほどけていくように、思考が整ってきます。



「コーヒーを飲む事」と「自然の中を歩くこと」はうつ病対策として推奨されています。心の風邪を引きかけている方は、是非心を癒す山コーヒーを味わって頂けたらと思います。



この他にも、例えば「亡くなった親が生前好きだった山に登っての山コーヒー」や「がんが見つかって入院治療をする前に登山をしたいと願った親友との山コーヒー」なども、コーヒー以上の味がする心の一杯となりえます。

 

 

 

 

 


 

 

 

 


以上が充実した山コーヒーを楽しむための抑えておきたいポイントです。



街のコーヒーは舌で味わい、山のコーヒーは心で味わう。



現代人の心に、潤いと喜びをもたらす山コーヒー。

 

 

 

都会の生活で心が渇いてきた人には是非ともご体験頂ければと思います。




▲ 山コーヒーコンテンツに戻る ▲

 

 

 

 




▲ YOUTUBEでコーヒー登山動画公開中 ▲



▲ 登山やコーヒーがお好きでしたら是非チャンネル登録を ▲






▲ 当ブログにお越しの方がよく読んでいる記事 ▲

山コーヒーアドバイザーが選ぶおすすめのコーヒー登山道具

text_005_01.gif
【折り畳み傘最軽量ランキング】登山・アウトドアブランドの傘で一番軽いのは?【100g以下】

【折り畳み傘最軽量ランキング】登山・アウトドアブランドの傘で一番軽いのは?【100g以下】


text_005_01.gif

アウトドアで大人ウケするおすすめの遊び道具【BBQ(バーベキュー)/キャンプ/ピクニック】

登山初心者用の最初のお手頃雨具

初心者が最初に買いたい登山用レインウェア「ミズノ・ストームセイバーベルグテック」

text_005_01.gif

【登山向き】一番軽い最軽量のホットサンドメーカーは?


text_005_01.gif
ヤマノモリ登山のお守りシューズアクセサリー

安全登山アクセサリー「ヤマノモリ」【道迷い・遭難事故対策のギフトプレゼント】

text_005_01.gif
登山道具おすすめプレゼント(男性、父親向け)

登山趣味の彼氏・父親・男性が喜ぶプレゼント用登山グッズ【値段別】


誕生日登山道具プレゼント女性・母・彼女・妻向け

登山趣味の女性・山ガールが喜ぶプレゼント用登山グッズ【値段別】


通勤通学用・ノートパソコンが入るおすすめのアウトドアリュック・バックパック

text_005_01.gif

【普段使いに】安全靴メーカーの穴の開きにくい靴下を購入【頑丈で長持ち】

text_005_01.gif

花粉症で登山に行っても悪化しないの?【花粉対策マスク&ゴーグル】

text_005_01.gif
焚き火ウェアおすすめ

焚き火ジャケットにおすすめの難燃性アウトドアウェアまとめ


text_005_01.gif

アウトドアブランドの名前の意味と社名の由来【モンベル・スント・チャムス・バーグハウスetc】

【酉年の干支登山】鳥の字がつく百名山リスト【日本百名山/新日本百名山/二百名山】


【高山病対策】天国じじい(貫田宗男ガイド)おすすめのバターコーヒーの作り方【イッテQ登山部】

text_005_01.gif
自転車通勤用防水リュックサック

アウトドアブランドの軽量防水リュックサックまとめ【自転車・バイクでの通勤通学におすすめ】

【購入レビュー】anker(アンカー)のe1を登山用モバイルバッテリーに採用

紅の豚でポルコが使っていたランプを特定しました【フランス製オイルランプ】


【ホグロフスはアシックスが買収】登山・アウトドアブランドの親会社・関連会社は?

【合気道を登山に応用】姿勢を整える体操で、重いザックを軽くする




▲ 最近の記事 ▲



<< 登山用BGM/山に合う曲の記事リスト | main | 【アウトドア】おいしい山コーヒーの淹れ方(ドリップ編)【登山】 >>


▲ トップページに登る ▲



▲ スポンサードリンク ▲



Amazon.co.jpアソシエイト google adsenseプライバシーポリシー

昨日
今日
合計
Powered by
30days Album


スマホ版に戻す