スポンサーリンク

 

 

 

昨年買おうと思って良いのが見つからなかったスノーブーツ(スノーシューズ)。今年も探してみました。

 

採用基準はこの4つです。

 

・車の運転ができるくらい動きやすいこと(底が厚すぎずゴツ過ぎない)

・冷気を防いで履き心地が温かいこと

・靴紐またはバンドで足がしっかり固定できること

・防滴ではなくちゃんと「防水」であること(滑らない性能はそこそこでいい)

 

 

【amazon】SOREL(ソレル)カリブー スノーブーツ NM1000-F14

青山
防寒ブーツといえば思いつくのがソレル。でも、ゴツいので車の運転にはちょっと危険です。

 

【amazon】ザノースフェイス ヌプシブーティーVI

青山
人気のノースのヌプシブーティー、履いてみましたが靴紐(バンド)がなくてちょっと歩行が不安定でした。

 

 

防水防寒が効いて、車の運転ができるくらい動きやすくて、靴紐またはバンドで足を固定してくれる歩きやすいスノーシューズ。

 

昨年はちょうど良い靴が見つからず、足先に貼る用のカイロを使って耐えしのぐこととなりました。

 

今年こそ理想の1足と出会いたい。再びamazonで取り寄せ試着に挑戦です。

 

 

 

引用:amazon「Prime Try Before You Buy」

 

 

昔は「プライムワードローブ」という名称だったamazonの試着サービス、現在は新名称「Prime Try Before You Buy(プライム・トライ・ビフォー・ユー・バイ)」になっています。

 

amazonプライムの会員ではない人でもamazonプライム無料体験を使えば30日間無料で利用可能。(利用後の解約も簡単です)

 

プライムトライ対応のスノーシューズ、私がいいなと思ったアイテムをご紹介したいと思います。

 

 

※ 靴のサイズは27cmで探しています。サイズによっては試着サービスが利用できない場合があります。
※ 2021年11月10日現在の情報です。シーズン本番には試着可能なサイズが減っている場合があります。

 

アウトドアブランドの冬用スノーブーツ・スノーシューズ

SALOMON(サロモン)の冬用スノーブーツ

 

SALOMON(サロモン)
スノーブーツ OUTsnap CS Waterproof

【amazonで探す】

 

トレイルランニングブランド・サロモンのスノーブーツ。スッキリとしたシルエットで山だけでなく街履きもOK。軽量で温かいマイクロフリースライニング&冬用インソールを使用。ミディアムカットで足首も保護し、グリップ力のあるContagripアウトソールとクッション性ミッドソールを採用しています。重さは360gでかなり軽量。

 

青山
サロモンはデザインがかっこいいです。これはミッドカットですが、トレランに強いブランドなので車の運転ができるくらいの動きやすさがありそうです。

 

SALOMON(サロモン)
スノーブーツ X REVEAL CHUKKA CLIMASALOMON WATERPROOF

【amazonで探す】

 

防水性・透湿性・柔軟性に優れた「クライマサロモンウォータープルーフ」、低温下でも滑りにくい「Contagripアウトソール」、衝撃を緩和する「エナジーセル」などを採用した、冬のトレラン向けの高機能なウィンターシューズ。暖かさはそこそこですが、重量が370gで動きやすく街中でも違和感のないデザインが魅力です。

 

青山
こちらも海外ブランドらしいおしゃれなデザイン。ローカットなので車の運転に関しては問題なさそうです。耐寒性能は少し物足りないかも。

 

KEEN(キーン)の冬用スノーシューズ

 

KEEN(キーン)
UNEEK SNK CHUKKA ウォータープルーフ

【amazonで探す】

 

暖かな履き心地のフリースライニングとバンジーシューレースによる脱ぎ履きが容易さが特徴。KEENの防水透湿素材「KEEN.DRY」を採用し、アウトソールも雪寒地対応モデルを使用。重さは438g。

 

青山
バンジーシューレースでサッと履いて脱げるのは利点です。見た感じちょっと厚底感がありますが、一応試着候補に入れました。

 

MERRELL(メレル)の冬用スノーシューズ

 

MERRELL(メレル)
Thermo Overlook2 Mid Waterproof

【amazonで探す】

 

アウトドアシューズで認知度が高いメレルの高機能ウィンターブーツ。耐久性に優れ風合いの良いフルグレインレザーをベースにしたTPU防水シェル構造で、防水性や保温性を充実させています。透湿防水メンブレン、200gの保温素材インサレーション、氷や雪の上でグリップ力を発揮する特別仕様のビブラムソールなどを採用。重さは590g (27cmサイズ)。

 

青山
メレルは昔履いていましたが、選んだ中では一番重いです。これも厚底で動きやすい靴ではない可能性がありますが、一応試着候補に入れました。

 

SNOW CARAVAN(スノーキャラバン)の冬用スノーシューズ

 

SNOW CARAVAN(スノーキャラバン)
ウィンターブーツ SHC_34

【amazonで探す】

 

日本の登山靴メーカー・キャラバンのローカットウィンターシューズ。ヴィブラムWinter City(Ice Trekコンパウンド)やAirRefine®防水透湿ライニング+起毛インナーなど、冬用の防寒性・防水性・防滑性を完備。寒い時期のウォーキング用にやわらかめに作られています。重量は26.0cmサイズで約520gと少し重め。

 

青山
定評のあるキャラバンの冬靴。冬のウォーキング用途なので車の運転などはやりやすいと思います。日本ブランドで足に合いやすそうです。

 

MIZUNO(ミズノ)の冬用スノーシューズ

 

MIZUNO(ミズノ)
スノースケープ

【amazonで探す】

 

日本のスポーツブランド・ミズノの防水ウィンターシューズ。動きやすさと機能性を備え、雪上でグリップを発揮するソールを採用。重さも26cmサイズで約370gと軽量。カラーはホワイト、ブラック、シルバーなど。

 

青山
価格の安さも魅力です。定価8,580円がamazon価格6,865円。デザインは若干もっさりしていますが、ミズノプライスは有難いです。

 

とりあえずプライムトライで6足注文しました

 

SALOMON(サロモン)
スノーブーツ OUTsnap CS Waterproof

【amazonで探す】

 

 

ひとまず、サロモンのスノーブーツを第一候補に、上限いっぱいの6足を選びました。

 

青山
実店舗を探し回らずに自宅で試着可能。時間が削減できてホント助かります。

 

プライム会員で年間4900円(税込み)払っているので、使える試着サービスはどんどん利用したいと思います。(無料体験はこちらからどうぞ)

 

はたして「ちょうどいい1足」は見つかるのか。出会えなければ今年も足用カイロでどうにかやりくりしたいと思います。

 

 

桐灰化学
足の冷えない不思議な足もとカイロ 上からはるつま先

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

追記:青山が出会った「ちょうどいい1足」のスノーブーツは?

 

 

 

amazonの「Prime Try Before You Buy(プライム・トライ・ビフォー・ユー・バイ)」で6足の靴が届きました。

 

 

青山
一番デザインが気に入ったのはやはりサロモンのスノーブーツでした。車が運転できるやわらかさ&底の厚み、そして十分な保温性。しかし残念ながら2Eサイズで足先がきついという結果になりました。

 

 

もう1足のサロモンも同じくキツく、メレルはやはり重すぎ、キーンもサイズがタイトで固定感がちょっと足りない感じでした。

 

 

 

 

キャラバンのウィンターブーツ SHC_34はサイズに関してはぴったりでした。ローカットなのに保温性はあり、重みがあって雪に対するソール性能は十分にある感じ。ただ、悩んだ結果、最終的に選んだのがこちらです。

 

 

MIZUNO(ミズノ)
スノースケープ オフホワイト

【amazonで探す】

青山
デザインのもっさり感はあるのですが、フィット感が抜群に足に合ってしんどくありませんでした。さすが履き慣れたジャパンメーカーです。ミドルカットなので足首まで保温性があり、意外と靴底が薄めで車も運転できるやわらかさでした。価格が7000円くらいというのも決め手となりました。

 

 

今年の冬はこのミズノのスノースケープで運転中の足先を冷えから守りたいと思います。

 

なお、何度か外を歩いてわかったのですが、足を出したときに底が引っ掛かってコケそうになったのが何度かありました。履き慣れるまでは違和感があるかもしれません。

 

また、靴下を登山用の厚めのものにしても窮屈さを感じない履きやすさは楽でした。ゆとりのある設計になっているようで、いつもの靴のサイズと同じで大丈夫です。

 

足幅3Eの人は是非このスノースケープも試着候補に入れて頂ければと思います。

 

 

MIZUNO(ミズノ)
スノースケープ

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

青山
【11月27日追記】amazonのサイズが少なくなってきたので、楽天市場のリンクも追加しました。

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。