【2022年冬版】車が運転しやすいスノーシューズ(スノーブーツ)を探して【アウトドアブランド系限定/amazon試着返品無料対応】
スポンサーリンク

 

 

 

冬場の足先の冷えを守ってくれる、スノーブーツ(スノーシューズ)。昨年買って大成功だったミズノのスノースケープ、今年も活躍してもらおうと思います。

 

 

MIZUNO(ミズノ)
スノースケープ2

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

青山
足先を冷えから守り、車の運転も可能。サイズは23.5から28まで。今年からデザインリニューアル版の「2」が発売されています。

 

引用:amazon「Prime Try Before You Buy」

 

 

ミズノのスノースケープは、amazonの試着サービスで取り寄せて家で試し履きしてから購入しました。お店に探しにいかなくていいのですごく便利です。

 

この冬のスノーブーツを探している方のために、amazonで試着返品無料に対応しているブーツをご紹介したいと思います。

 

※ サイズによっては試着サービスが利用できない場合があります。
※ 2022年11月21日現在の情報です。シーズン本番には試着可能なサイズが減っている場合があります。
※記事は随時加筆修正します。

 

車の運転ができるスノーブーツが使いやすいです

 

 

なお、私がスノーブーツを買うに当たって希望したポイントは4つです。

 

・車の運転ができるくらい動きやすいこと(底が厚すぎずゴツ過ぎない)

・冷気を防いで履き心地が温かいこと

・靴紐またはバンドで足がしっかり固定できること(スリッポン型ではない)

・防滴ではなくちゃんと「防水」であること(滑らない性能はそこそこでいい)

 

 

【amazon】SOREL(ソレル)カリブー スノーブーツ NM1000-F14

青山
防寒ブーツといえば思いつくのがソレル。でも、ゴツいので車の運転はちょっと危険です。

 

【amazon】ザノースフェイス ヌプシブーティー

青山
人気のノースのヌプシブーティー、履いてみましたが靴紐(バンド)がなくてちょっと歩行が不安定でした。

 

 

 

冬は車の運転で足先の冷えに悩まされていましたが、運転中の足先の寒さがかなり和らぎました。底が厚くないので問題なく運転できます。

 

靴紐は緩めにしてスリッポンのように脱ぎ履きし、長時間歩く時だけ靴紐を締め直して調整しています。

 

MIZUNO(ミズノ)
ブレスサーモウール 極厚ソックス

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

スノースケープの靴の中がどんな構造になっているのかわかりませんが、登山ソックスよりも分厚いミズノの極厚ソックス・ブレスサーモウールソックスを履いても窮屈さが感じられないのは不思議です。

 

このソックスの欠点は厚過ぎて履きにくいことですが、極厚ソックス+スノースケープは寒い日のちょっとしたお出かけで大活躍しています。おすすめです。

 

 

アウトドアブランドの冬用スノーブーツ・スノーシューズ

Columbia(コロンビア)の冬用スノーシューズ

 

Columbia(コロンビア)
サップランド ツー ウォータープルーフ

【amazonで探す】

 

アメリカのアウトドアブランド・コロンビアの防水ウィンターシューズ。コロンビア独自の保温機能・オムニヒートインフィニティを採用し、効率よく体温を反射して保温します。アウトソールのビブラム・アークティックグリップは-20℃でも硬化せず、乾いた雪も濡れた氷上でも滑りにくいグリップ力を発揮。デザインもスニーカーブーツのようで合わせやすいです。カラーはブラウン、ホワイト、ネイビーなど。

 

 

Columbia(コロンビア)
サップランド ツー チャッカ ウォータープルーフ

【amazonで探す】

 

青山
サップランド ツーはチャッカブーツ版もあります。こちらも普段使いしやすいデザインで、カラーは複数色展開しています。

 

SALOMON(サロモン)の冬用スノーシューズ

 

SALOMON(サロモン)
スノーブーツ X REVEAL CHUKKA CLIMASALOMON WATERPROOF

【amazonで探す】

 

防水性・透湿性・柔軟性に優れた「クライマサロモンウォータープルーフ」、低温下でも滑りにくい「Contagripアウトソール」、衝撃を緩和する「エナジーセル」などを採用した、冬のトレラン向けの高機能なウィンターシューズ。暖かさはそこそこですが、重量が370gで動きやすく街中でも違和感のないデザインが魅力です。

 

青山
サロモンはデザインがかっこいいです。ローカットなので車の運転に関しては問題なさそう。耐寒性能は少し物足りないかもです。

 

KEEN(キーン)の冬用スノーシューズ

 

KEEN(キーン)
UNEEK SNK CHUKKA ウォータープルーフ

【amazonで探す】

 

暖かな履き心地のフリースライニングとバンジーシューレースによる脱ぎ履きが容易さが特徴。KEENの防水透湿素材「KEEN.DRY」を採用し、アウトソールも雪寒地対応モデルを使用。重さは438g。

 

青山
バンジーシューレースでサッと履いて脱げるのは利点。キーンは足幅が狭い(2E)靴が多いので3E幅の人は履きにくいかも。

 

MERRELL(メレル)の冬用スノーシューズ

 

MERRELL(メレル)
Moab Speed Thermo Mid WP

【amazonで探す】

 

アウトドアシューズで認知度が高いメレルの高機能ウィンターブーツ。スニーカーのような軽さ・快適性とトレイルシューズのような安定性を兼ね備えています。冬の路面環境に強いVibramグリップを搭載し、街履きから冬のアウトドアにも対応。重さは540g 。

 

青山
メレルもアウトドアシューズでは人気のブランドです。厚底で動きやすい靴ではない可能性がありますが、試着候補におすすめです。

 

SNOW CARAVAN(スノーキャラバン)の冬用スノーシューズ

 

SNOW CARAVAN(スノーキャラバン)
ウィンターブーツ SHC_34

【amazonで探す】

 

日本の登山靴メーカー・キャラバンのウィンターシューズ。ヴィブラムWinter City(Ice Trekコンパウンド)やAirRefine®防水透湿ライニング+起毛インナーなど、冬用の防寒性・防水性・防滑性を完備。寒い時期のウォーキング用にやわらかめに作られています。重量は26.0cmサイズで約520gと少し重め。

 

青山
定評のあるキャラバンの冬靴。冬のウォーキング用途なので車の運転などはやりやすいと思います。日本ブランドで足に合いやすそうです。

 

MIZUNO(ミズノ)の冬用スノーシューズ

 

MIZUNO(ミズノ)
スノースケープ2

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

日本のスポーツブランド・ミズノの防水ウィンターシューズ。動きやすさと機能性を備え、雪上でグリップを発揮するソールを採用。重さも26cmサイズで約370gと軽量。カラーはホワイト、ブラック、シルバーなど。

 

青山
価格の安さも魅力。定価8580円がamazon価格7000円前後。デザインは「1」に比べてちょっとスマートシンプルになりました。

 

amazonプライムの試着サービス、是非お試しください(無料体験あり)

 

 

 

ミズノのスノースケープを買ったときは、いろんなブランドの試着可能靴を取り寄せて履き比べました。

 

青山
実店舗を探し回らなくてよく、自宅でじっくり時間をかけて試着できるのはホントに素晴らしいサービスです。

 

プライム会員費は年間4900円(税込み)かかりますが、試着以外にも映画やアニメを見たり音楽を聞いたりしているので「これくらいの会費ならいいかな」と思っています。

 

ちなみにプライム非会員でも30日無料体験で試着サービスが利用可能です。1回使うと便利さがわかると思いますので、お試しで是非使ってみて下さい。

 

■amazonプライム無料体験
http://www.amazon.co.jp/tryprimefree

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。