スポンサーリンク

 

iphoneモバイルバッテリー登山・アウトドア

 

 

 

 

登山中にスマートフォンなどの通信機器のバッテリーが切れたら最悪です。特に道迷いの最中に通信手段が断たれると、あせってパニックになります。冷静な判断が出来なくなり、無茶なルートを突き進んで崖から滑落する、などの大きな事故に繋がってしまいます。現在はスマホの登山地図アプリを使用している人も多いのでスマホ用モバイルバッテリーチャージャーは必需品といえます。
ただ、登山ではあまりに重い携行品は好まれません。山に持って行くものは1gでも軽量なものが望ましいので、モバイルバッテリーの重さランキングリストを作ってみました。重量順に並べています。ご参考にして頂ければ幸いです。
(最終更新日 2017年3月7日 第8稿)
 

 

 

 

 


 

【登山向け軽量モバイルバッテリーチャージャー 比較ランキング2017】

 

 


Anker Astro(アンカー アストロ) E1 【PowerIQ搭載】 A1211021
重さ:119g
サイズ:縦4.3cm × 横9.6cm × 厚さ2.2cm
容量:5200mAh
出力:2A

 

amazonで3000件以上のレビュー数を誇る人気のモバイルバッテリー、アンカーアストロE1。この軽さでスマホに2回充電できる大容量。PowerIQ技術で最大2Aの急速充電もできます。色はブラック・ホワイト・レッドの3色。山の夜を考えると白色の方が視認しやすいのですが、白は人気なのかいつも品薄です。

 

 

 

 

 


AUKEY モバイルバッテリー PB-N41
重さ:108g

サイズ:縦4.3cm × 横9.0cm × 厚さ2.2cm
容量:5000mAh
出力:2A

 

 

2016年6月からamazonで販売された、比較的新しいモバイルバッテリー。iPhone7に1.5回以上、iPhone 6PlusやGalaxy S7に1回以上、その他のスマホに2回分は充電できる容量を持っています。カスタマーレビューも好評、価格も手ごろです。

 

 

 

 

 


JETech® ポータブルモバイルバッテリー パワーバンク
重さ:100g
サイズ:縦2.3cm × 横2.3cm × 長さ9.0cm
容量:3000mAh
出力:2A

 

スティック型のモバイルバッテリー。アルマイト処理されたアルミボディが人気です。容量がやや少ないのがネックですが、この軽さで2Aの急速充電が可能なのは大きいです。

 

 

 

 

 


Anker PowerCore+ miniトラベルポーチ付属【PowerIQ搭載】
重さ:85g
サイズ:直径2.3cm × 長さ9.4cm
容量:3350mAh
出力:1A

 

アンカーアストロのスティックタイプのモバイルバッテリーチャージャー。100g以下なのにスマホ1~1.5回分の充電力があります。スティック型のデザインでエマージェンシーバッグなどに収納しやすく、普段使いにもオシャレです。

 

 

 

 

 


cheero Power Plus DANBOARD
重さ:70g
サイズ:縦4.8cm × 横7.4cm × 厚み1.3cm
容量:3000mAh
出力:1A

 

ダンボ―のデザインがかわいい、チーロのダンボ―バッテリー。重さはわずか70g。容量は3000mAhでスマホ充電1~2回分。厚み1.3cmというのも名刺ケースのようで使いやすいと好評です。なお上位機種のパワープラスDANBOARDは4200mAh、2回充電が可能で重さは105gです。

 

 

 

 

 

 


cheero Power Plus 3 stick 3350mAh 超軽量モバイルバッテリー
重さ:68g
サイズ:縦2.4cm × 横2.4cm × 長さ10.1cm
容量:3350mAh
出力:1A

 

iphone1~2回分の充電力を持つスティック型モバイルバッテリー。amazonレビュー150件以上で星4.5の人気商品。軽さと容量のバランスが良く、シンプルスタイリッシュな外観も良い感じです。

 

 

 

 

 

 


MOCREO 超薄型ウルトラポータブルモバイルバッテリー
重さ:59g
サイズ:縦9.5cm × 横6.2cm × 厚み0.6cm
容量:2500mAh
出力:1A

 

 

現在最軽量の薄型モバイルバッテリー。amazonレビュー100件以上で星4.5。価格も1000円ほど。クレジットカードより一回り大きいカードサイズで携帯性に優れています。

 

 

 

 

 


 

【個人的には軽さよりも容量とのバランスを選びます】

 

アンカーアストロE1購入

 

 

MOCREOのバッテリー、かなり軽量です。ただ、私が山用バッテリーに選んだのはアンカーアストロのE1 。2回半分充電できる容量と、2Aの急速充電。一番軽いバッテリーと比べても重さの差は60g程度。値段も安い。何よりの決め手は、登山同行者のスマホも充電できる容量でした。

 

 

 

実際に登山で使っていますが、2回半充電可能な容量なので日帰り登山や一泊くらいなら気兼ねなくスマホが使えます。そしてシンプルなデザインなので街使いでも大活躍しています。
 

 

充電方法が最初わからなかったのですが、携帯充電器のアダプターを使って本体の小さいほうのUSBに差せば家庭用コンセントから充電できます。また、iphoneへの充電には別途ライトニング変換アダプター が必要です。

 

 

 

 

 


 

【登山用モバイルバッテリーに防水機能は必要?不要?】

 

 

 

個人的には登山用モバイルバッテリーに防水機能は無くてもいいと思っています。実際のところ雨天時に充電状態を雨ざらしにするケースはあまり無いですし、私は基本的に本体をジップロックに入れて保管しています。「防水」というだけで重量や価格が増してしまうので、見た目はダサいですが軽くて安価なジップロックで充分じゃないかなと思います。

 

 

 

 

 


 

【通信手段確保用のモバイルバッテリーで、安全登山を】

 

 

 

モバイルバッテリーは今や登山の必需品と言えるくらい重要です。遭難事故はいつ起こるかわかりません。私自身2回ほど道迷い遭難を経験しましたが、山登りを続けていれば「もしも」はいつかやってきます。スマホの充電切れでパニックにならないためにも「登山用モバイルバッテリー」で安全登山を心掛けてみてはいかがでしょうか。

 

 

 


【amazon】Anker Astro(アンカー アストロ) E1 【PowerIQ搭載】 A1211021
 

 

 


 

【アンカー アストロ E1売り切れ時の代わりのお薦め商品】

 


【amazon】cheero Power Plus 3 mini 6700mAh モバイルバッテリー
 

 

アンカーアストロE1のホワイト、色味と重さと容量と価格のバランスが優れているのでよく売り切れになっています。代用品でおすすめなのが、こちらのcheeroのバッテリー。2回半充電可能、2Aの急速充電、重さ約130g、amazon価格は2000円前後。amazonレビューは900件以上で星4.5。モバイルバッテリー部門ランキング上位常連のcheeroなので信頼性もあります。

 

 

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。