スポンサーリンク

夏に富士山に行く事になりました。同行者は初めての富士登山。経験上トレッキングポールがあると疲れを軽減することができるので、ネットで手ごろなものを検索。トレッキングポール、数年前に比べると今はめちゃくちゃお手頃になってますね。
 

DABADA(ダバダ) のトレッキングポール、2本組みで3000円ですよ。昔は2本セットなんて10000円~15000円くらいはしたのですが。価格破壊にも程があります。
 


 

【安物のトレッキングポールは駄目なのか?】

超軽量なカーボン製のものや折りたたみ機構が便利なもの、LEKI(レキ)やmontbell(モンベル)といった有名登山ブランドのポールもデザインや使い勝手がいいんですが、その分お値段が5000円~10000円以上してしまいます。
高級ポールは軽いと言っても重さは200g前後。格安の1000円ポールとの差はせいぜい100gです。登山経験者にとって100g差は大きいのですが、初心者にとっては気にならないレベルだと思います。
それよりも、ポールは置き忘れて無くしたり、案外邪魔になったり、岩に挟まって曲がって破損したりしますから、最初の一本はリーズナブルな1000円ポールで十分だと思います。
また、2本使いのダブルストックも楽なのですが、両手がふさがるのが正直ちょっと面倒です。T字のストック1本を右手で使ったり左手で使ったりして腕の疲労を分散する使い方がおすすめです。
あと余談ですが、富士山で売っている金剛杖(焼印が押せる木の杖)は重さが400gくらいあります。長さも135cm~150cmでちょっと長いです。金剛杖のお値段は一本1000円前後で、焼印入れ代金は1か所300円前後です。
 


 

【amazonの格安トレッキングポールを買いました】

1000円ポールを比較検討して、初心者が富士登山で使うのにおすすめのトレッキングポールを選びました。
 

キャプテンスタッグのトレッキングステッキ。定価は2808円ですが、amazonなら1000円ちょっとで買えます。折りたたみ時の長さは多少ありますが、衝撃緩和のアンチクッションがついていてデザインもまあまあ良い感じです。重さは300gで木製の金剛杖より100g軽いです。
3年前の富士登山、私の友人は運動不足に加えて腰痛(坐骨神経痛)持ちだったんですが、ステッキのおかげで無事登頂できました。私も膝痛を持っているんですが、T字ポールは登りも下りも体重がかけやすく、非常に役に立ってます。
そんなお役立ちアイテムのトレッキングポールが1000円台で買えるなんて。登山人口が増えたからこそのリーズナブル価格。持っていない方は是非おさえておきたいオススメアイテムです。
感想や使い勝手などのレビューはまた届き次第書き込みたいと思います。
 


 

【追記・トレッキングポールを使ってみた感想】

キャプテンスタッグのトレッキングポール、初心者の使用レビューです。
友人「前にI型のポールを借りて使ったけど、T字は安定感が違う。握らなくて済むし体重を乗せやすい。疲れたときに寄りかかれるから力を3本足に分散できて膝の負担が少なかった」
との事です。初心者はやっぱりT字がオススメかなと思います。このキャプテンスタッグの1000円ポール、アンチショックのクッションにやや固さを感じましたが十分使えました。高級なものに比べてちょっと長くちょっと重いのですが、費用対効果に優れたポールです。最初の一本に良いのではと思います。
ちなみに色違いが何色かあります。amazonのリンク先にいろいろありますが、女性の方にはピンクのポールもいいんじゃないかなと思います。
 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。
スポンサーリンク