スポンサーリンク

 

 

日差しが強くなってきました。画像の2本の日焼け止めは一年前か二年前の夏に購入したものなんですが、どうやら日焼け止めにも賞味期限(消費期限)があるらしいです。

 

資生堂のwebサイトによると「未開封なら製造日から3年以内、開封済みならなるべく早めに使い切る」のを推奨しています。時間が経過すると中味の成分が変質してしまい、はれ・かゆみ・ぶつぶつができる・色抜け(白斑など)・黒ずみなどの肌トラブルが発生する可能性が高まるそうです。

 

青山
また、新品で3年以内ならOKという訳でもなく、保管状況が悪い(高温多湿・温度変化が大きい・直射日光)と劣化の可能性は更に高まるとのこと。

 

登山中に肌トラブルが発生したら、せっかくの気持ちいい山行が台無しに。

 

もったいないなと思いつつ、昨年買った日焼け止めは全て処分。これからは1シーズンで使い切るように多めに塗り込みたいと思います。

 

 

登山での紫外線対策で知っておきたいこと

 

 

登山での紫外線対策について、知っておきたい事を箇条書きにしました。

 

・汗で成分が流れ落ちるので約2時間おきに日焼け止めを塗り直す。

・市街地と比較して標高1000mで紫外線量が10%増加。標高3000mで30%増。(およそ100mで1%増加)

・そのため高山を歩く際はSPF50、PA+++以上は欲しい。

・登山中に手を洗ったり拭くのは面倒なので、手がベトつかないスティックタイプやスプレータイプが便利。

・日焼けで免疫力が低下する。風邪などの体調不良を引き起こす可能性があるため、数日間の山行をするなら日焼け対策は必須。

・無香料推奨。香料があるとハチなどが寄ってくる可能性あり

 

 

登山におすすめの日焼け止めリスト

 

 

OUTDOOR UV (アウトドアユーヴイ)
ホワイト/ナチュラル

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

青山
登山用日焼け止めといえば、この商品が思いつく人も多いのではないでしょうか。2015年くらいに登場した画期的なスティックタイプの日焼け止めで、性能はSPF50+でPA+++。液漏れの心配がなく使いやすいのですが、1本10g約3000円でめちゃくちゃ高価。ホワイトとナチュラルの2種あり、ナチュラルは顔用に使い分けたりします。

 

BRISA MARINA(ブリサ マリーナ)
日焼け止めUVスティック

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

青山
OUTDOOR UVと同じような容器・性能なのにamazon価格で送料込み1800円くらい。サーファー向けで海に入っても効果が持続するという感想も見受けられましたが、伸びがそんなに良くないようです。カラーはホワイトとブラウンの2色。汗をかいても落ちにくい上位機種のアスリートプロEXUVスティックもあります。

 

KOSE(コーセー)
サンカット 日焼け止め

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

青山
スティックタイプでも塗り伸ばしが要るのなら、スプレータイプが登山向けといえます。これはSPF50+ PA++++のスプレー式日焼け止め。塗ムラブロック技術、逆さスプレーOK、ウォータープルーフで汗・水に強いのに市場価格は700円くらいでお手頃。内容量も60gあるので、個人的にはこれで十分かなと思います。

 

GATSBY(ギャツビー)
パーフェクトUV スプレー

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

青山
フリージングシャワーシステムでクールでひんやりした使用感のある日焼け止め。SPF50+ PA++++で60g。スウェットプルーフ&ウォータープルーフ処方採用で80分間の耐水試験をクリアしています。本体価格750円くらいでこれもお手頃。クール系が好きな人におすすめです。

 

追記:腕の日焼け止めにはアームカバーがおすすめです

 

青山
腕の日焼け止めにC3fitのアームカバーを使っています。使用レビューはこちらです。

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。