スポンサーリンク

 

ナルゲン コーヒー豆保存容器

 

 

今回は私が山コーヒーで持って行っているコーヒー豆入れについてご紹介したいと思っています。私が愛用しているのはこちら、ナルゲンの細口角透明ボトル、サイズは125mlの大きさのやつです。

 

 


ナルゲン-NALGENE
細口角透明ボトル125ml

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

 

ソロ登山や2~3人での登山で1回コーヒーブレイクをするならこの大きさで十分です。先ほどの画像のように購入したコーヒー袋に貼られている生産地シールを貼り替えると絵的にきれいです。容器がクリアで中の豆もはっきり見えるので写真映えもします。2017年11月現在、amazonや楽天市場よりナチュラムの方が送料込みで一番安いです。

 

 

 

 

【大人数にコーヒーを振る舞うならコーヒービーンズキャニスター】

 


nalgene(ナルゲン)
コーヒービーンズキャニスター 150ml

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

nalgene(ナルゲン)
コーヒービーンズキャニスター 200ml

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

ハイマウント社からはコーヒー器具がデザインされたボトルが発売されています。ただ、先ほどのナルゲンは400円ですが、こちらは定価1300円以上でちょっと割高です。公式サイトによるとコーヒー豆は150g入るので、10杯分くらいはいけます。見た目はおしゃれなのでデザインに惹かれた人はこちらもおすすめではあります。

 

 

 


CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
コーヒービーンズボトル 120g

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

ちなみにキャプテンスタッグ社からも同じようなキャニスターが発売されています。ハイマウントもそうですが、山コーヒーブームを察知してすぐに商品化をする企業の行動力はすごいなと思います。

 

 

 


コーヒーキャニスター Coffee Gator ステンレススチールコーヒーコンテナ
【amazonで探す】

 

 

ちなみにコーヒーの保存で気をつけたい要素は、「酸素の遮断」「湿気の遮断」「光・紫外線の遮断」「低温を保つ」です。自宅で長期間保存するなら専用のコーヒー保存缶を推奨しますが、アウトドアで1日持っていく程度ならご紹介した密閉式プラスチックボトルで十分だと思います。

 

 

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。