スポンサーリンク

 

【amazon】山と溪谷2021年1月号「深田久弥と『日本百名山』」

 

 

今月号の登山誌「山と渓谷」134ページ~137ページに、京都・牛松山登山についての記事がありました。

 

 

前に「牛」の名が付く山を探したときに、年明けの干支登山で登ろうと思っていた牛松山。

 

山と渓谷の記事は牛松山登山の様子がとてもよくわかる内容だったので、この山で干支登山をしようと検討されている方は雑誌の購入をおすすめします。

 

 

牛松山の難易度や歩行時間・トイレなどについて

 

【amazon】山と溪谷2021年1月号「深田久弥と『日本百名山』」

 

 

牛松山のコースタイムは、最寄り駅のJR亀岡駅スタートで3時間半~4時間程度。

 

山頂の標高は636mで、標高差も約600m。そこそこ登りますが、難易度的には「初級」に分類されています。

 

青山
1~2月は積雪することがあります。軽アイゼンは一応あったほうがいいかもです。

 

 

誌面では反時計回りのルートで「亀岡駅→保津八幡宮→牛松山登山口→金比羅神社→牛松山→愛宕神社→和らぎの道公園→亀岡駅」と周っていましたが、ネットの情報によると牛松山→愛宕神社間の下りが急斜面なので逆回りルートで登る人も多いようです。

 

下山後の愛宕神社近くには国分バス停があり、時刻表によると昼以降のバスは12時28分、15時22分(※平日のみ)、16時22分、18時32分の4本。ただ、国分バス停からは1時間少々で亀岡駅まで歩けます。

 

トイレは下山後の愛宕神社、和らぎの道公園にあり、山頂には無いようです。

 

道中の詳細に関しては、山と渓谷誌をお読み頂ければと思います。

 

 

山と溪谷 2021年1月号

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

 

京都・大阪・滋賀・兵庫など関西圏のハイカーにおすすめの干支登山スポットです。

 

引用:亀岡市 亀岡の自然100選 牛松山

 

 

牛松山の最寄り駅はJR亀岡駅。大阪駅から1時間10分ほどで到着できます。

 

山頂は展望が開けていないので「絶景映え写真」を撮りたい人は満足できないかもしれませんが、大阪エリアからのアクセスが容易なのは大きなメリットです。

 

(展望が良い三重の「牛草山」は伊勢神宮あたりにあり、大阪から登山口まで車で3時間くらいはかかります)

 

 

丹波富士で知られる牛松山。干支登山の山として、今年は賑わいを見せるのではないでしょうか。

 

 

月額418円読み放題の楽天マガジン、おすすめです。

 

引用:楽天マガジン

 

 

今回の山と渓谷は電子書籍読み放題サービスの「楽天マガジン」で読みました。

 

山と渓谷以外にも、「BE-PAL」「GOOUT」「PEAKS」「ワンダーフォーゲル」「ランドネ」などが読め、その他にも経済誌や情報誌・週刊誌などが月額418円(税込み)ですべて読み放題という神サービスです。

 

青山
スマホに事前ダウンロードできるので、駅の待ち時間などで役立ってます。

 

2年くらい契約していて、ほぼ毎日何か読んでいます。今のところ不満点はありません。たった418円でこれだけの本が読み放題なのはとても有難いです。

 

登山・アウトドア誌を読みまくりたい人は是非お試しください。

(※注 電子版には雑誌の付録は付きません。山と渓谷の2大別冊付録「山の便利帳2021」「百名山100座収録の登山地図帳 日本百名山ルートマップ」は本をお求めください)

 

 

■楽天マガジン 登録ページ(31日間お試し無料)

https://magazine.rakuten.co.jp/

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。
スポンサーリンク