スポンサーリンク

 

おいしい山コーヒーの楽しみ方。第2弾は、初心者におすすめの「魔法瓶コーヒー」です。

 

 

山でコーヒーを楽しむ時に必要になるのが「高温のお湯」です。

 

ホットのコーヒー抽出には90度前後のお湯が欠かせません。そのためガスバーナーなどを使ってお湯を沸かすのですが、登山用バーナーは3000円~10000円以上するし、ガスカートリッジを使うのもちょっと怖いし、登山店で買うのも面倒だし、火気厳禁の場所かもしれないなどで少し手が出し辛い印象です。

 

できればもっと気軽にもっと安く、山でおいしいコーヒーを楽しみたい。そんな方に「魔法瓶山コーヒー」がおすすめです。

 

THERMOS(サーモス)
山専用ボトルFFX501/751/901

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

青山
私が愛用しているのは登山家御用達のサーモスの山専用ボトル。自宅で熱湯を入れ、山でそのお湯を使ってコーヒーを淹れます。昼頃の湯温は85度くらいにはなりますが、抽出は可能です。

 

山専用ボトルの保温効力は6時間後で80度以上・24時間後も60度以上あり、このお湯で昼にカップラーメンを作ることもできます

 

これがあればバーナー無しで山コーヒーを楽しむことができます。

 

 

スポンサーリンク

お湯がちょっとぬるい時の2つの対策

 

 

コーヒー抽出の理想の湯温は、UCC式では92度~96度。厳密に考えると、魔法瓶の80度台のお湯はハンドドリップなどで淹れるにはおいしい成分が最大限に出しにくいです。

私が対策として考えているのは、2パターンあります。

 

 

割り切って高級インスタントコーヒーを選択

 

【amazon】スターバックス プレミアム ソリュブルコーヒー

 

 

インスタントコーヒーは主に出来上がった液体のコーヒーを加工して粉状にしています。理論的にはすでに高温抽出されているので湯戻しの際の湯温が低くても影響が少ないです。

 

ただ、せっかくの登山なので特別なコーヒーが飲みたい。そういう人におすすめなのがスターバックスのプレミアムスティックコーヒー。特殊製法でドリップコーヒーと同等の味や香りを実現したコーヒーとして話題となったもので、インスタントなのにインスタントらしさがない、質の高いコーヒーが楽しめます。

 

 

Starbucks(スターバックス)
プレミアム ソリュブルコーヒー

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

青山
100%アラビカ種を使用しているためインスタントでよくあるロブスタ種(インドネシアの豆に多い)の風味がありません。

 

1本あたりの値段はちょっと高いのですが、満足感・特別感が味わえます。

 

種類も豊富で、「プレミアムミックス」ならチョコモカやキャラメルラテも楽しめます。

 

 

Starbucks(スターバックス)
プレミアム ミックス ホワイト モカ

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

Starbucks(スターバックス)
プレミアムミックス キャラメル ラテ

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

 

抽出時間と豆の種類で対応

 

 

もう一つのおすすめは、フレンチプレス系の器具で酸味の少ない豆を選ぶこと。

 

 

 

ESPRO(エスプロ)
ウルトラライトコーヒープレス

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

このエスプロのコーヒープレスは、フレンチプレス抽出でコーヒーを作ることができるボトル。真空二重断熱で温度が下がりにくく、2重メッシュフィルターで微粉の混入が少なく、本体が軽量というすぐれものです。

 

 

低温抽出では酸味を多く感じる傾向にあります。こういった漬け込み系の器具で通常の抽出時間より30秒~1分ほど長くして、酸味の少ないコーヒーの品種を選ぶことで、酸っぱいコーヒー・薄いコーヒーとなる確率を下げることができます。

 

青山
豆は、ちょっと深煎りのコロンビア・グアテマラやマンデリン、ちょっと苦めのブレンドあたりがおすすめです。

 

 

 

気軽に山コーヒーを楽しみたいという方は「自宅で魔法瓶にお湯を入れての山コーヒー」から始めてみてください。

 

山の自然を感じながらのコーヒーは、至福の一杯になること間違いなしです。

 

 

THERMOS(サーモス)
山専用ボトルFFX501/751/901

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

Starbucks(スターバックス)
プレミアム ソリュブルコーヒー

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

ESPRO(エスプロ)
ウルトラライトコーヒープレス

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

 

▲ 山コーヒーコンテンツに戻る ▲

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。