スポンサーリンク

私が家でコーヒーを淹れる時に使っているドリップポットは「タカヒロ」の0.9Lのコーヒードリップポットです。

これがものすごく注ぎやすくて高性能。
ドリップでは、ペーパーに直接お湯が当たらないように丁寧にお湯を注がないといけないのですが、
このポットは鶴口の注ぎ口の湯切れがよく、細く繊細にお湯を注ぐ事が出来るんです。

このポットはUCCコーヒーアカデミーに通った時に教材セットのひとつとして組み込まれていたのですが、3年経った今も愛用しています。
注ぎ口へのパイプのカーブの美しさと取っ手の持ち具合が生み出す、注ぐ量・速度のコントロール性能の良さはさすが日本製です。

IH調理器にも対応。IHで沸かせば取っ手が熱くならずにすみます。
ただ、私はやかんで沸かしてからこのポットにお湯を移してます。
そうすると100度のお湯が96度くらいに下がって「コーヒードリップ時の適温」になりますので。

値段はちょっと張りますが、芸術的な美しいドリップがやりたいコーヒー通の方におすすめのポットです。
「良いポット」で淹れると、コーヒータイムが一段と楽しくなりますよ。

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。