スポンサーリンク

 

 

 

 

このブログでは私が使っている登山&アウトドアアイテムをたびたびご紹介していますが、山コーヒーアイテムや登山装備・撮影機材などが記事ごとに分かれていて一目で見れないので楽天がやっている「楽天ROOM」のページにまとめてみる事にしました。

 

 

 

ROOMのリストから楽天市場でそのまま購入もできるので、同じアイテムを使ってみたいという人はリンク先をご覧頂ければと思います。

 

 

 

■青山孝平の楽天ROOM

https://room.rakuten.co.jp/yama_to_coffee/items

 

(現在アイテム追加中。時間のある時に少しずつ追加していきます)

 

 

 

 

 


 

【楽天ルームに載せているアイテムの中で特にお気に入りのアイテム】

 

 

楽天ROOMを使ってみたものの、ちょっとごちゃごちゃして「その中でも特にお気に入りのアイテムは何か」がわかりにくいので、ここで5点ほどご紹介しておきたいと思います。

 

 

 

引用:【山と珈琲】関西百名山で山コーヒー #52 横尾山(須磨アルプス)

 


ESPRO(エスプロ)ウルトラライトコーヒープレス

 

【amazonで ESPROウルトラライトプレス を探す】

 

【楽天市場で ESPROウルトラライトプレス を探す】

 

山コーヒーをする上での一番のヒットアイテムがこちら。カナダのカフェ器具メーカーESPROの超軽量フレンチプレス。真空二重構造で保温が効き、蓋が密閉できて持ち運べ、メッシュフィルターが特許を取得した二重構造で微粉が少なく、それでいて軽い。登山向けのコーヒープレスでは至高の逸品だと感じています。これまでのコーヒープレスは飲んだあと抽出カスから液が漏れて汚れることが多かったのですが、これはボトルの蓋をきっちり締めれば逆さにしても漏れません。コーヒーを残したままザックに放り込めるのがめちゃくちゃ便利です。登山用・アウトドア用・街用として使える便利なコーヒーグッズです。

 

 

 

引用:【山と珈琲】京都一周トレイルで山コーヒー#9「高雄~嵐山」

 


THERMOS(サーモス) 山専用ボトル 900ml

 

【amazonで サーモス山専用ボトル を探す】

 

【楽天市場で サーモス山専用ボトル を探す】

 

エベレストに登る登山家も愛用している高性能魔法瓶・山専用ボトル。山でお湯を沸かさなくても朝自宅で入れた熱湯で昼過ぎにコーヒーやラーメンが作れます。複数人でコーヒーを飲むなら900mlサイズ、ソロ登山なら500mlサイズの山専ボトルがおすすめです。栓が二重になっているので気圧がかかっても開けやすく、ある程度細くお湯が出せるのでコーヒードリップの時も直接注げます。冬はホットドリンクにカップラーメン、夏は冷たい麦茶などを入れて熱中症予防と、一年中大活躍するアイテムです。

 

 

 

引用:【山と珈琲】桜の吉野山・奥千本で山コーヒー【ゲスト:中村葵、秦野貴仁】

 


HARIO(ハリオ) 手挽きコーヒーミル スマートG

 

【amazonで ハリオ スマートG を探す】

 

【楽天市場で ハリオ スマートG を探す】

 

世界最軽量クラスの携帯コーヒーミル。コーヒー豆は挽いた時に香りの大部分を放出するので、コーヒーの本来の魅力を存分に堪能する事ができます。プラスチック製で透明なので挽いた豆の粒度が目視できるのが便利。携帯コーヒーミルの定番アイテム・ポーレックスのコーヒーミル・ミニがステンレス製なのに比べると耐久性に不安がありますが、今のところひび割れや故障はありませんし、ポーレックスの半額くらいで買えます。上部の蓋が外れやすいのが難点なので紛失などにご注意ください。挽くのにちょっとコツが要りますし、浅煎りの固い豆は挽きにくいです。また、ソロ登山で豆を挽いている所を人に見られるとかなり照れくさいですが、複数人登山ならちょっとしたエンターテイメントになります。

 

 

 

引用:【山と珈琲】交野山ハイキング・観音岩で山コーヒー

 


PeakDesign(ピークデザイン)キャプチャー CP-BK-3

 

【amazonで ピークデザイン CP-BK-3 を探す】

 

【楽天市場で ピークデザイン CP-BK-3 を探す】

 

これがあると、一眼カメラなどを登山ザックのショルダーベルト部分などに取り付けることができます。肩から外して素早く被写体を捉える事ができ、撮影時のストレスを大きく軽減。撮影しながらの登山はコースタイムを上回りがちなので、撮影時間が少しでも短縮できて助かっています。注意点は、大型ザックの太すぎるショルダーベルトには取り付けられない可能性があること。私のオスプレー・イーサー60やグレゴリー・パラゴン58のショルダーベルトにはぎちぎちになりましたが何とか装着できました。ベルトのサイズは幅6.2cm、厚み1.4cmくらいです。

 

 

 

 


MIZUNO(ミズノ) WAVE ADVENTURE BR

 

【amazonで ミズノ WAVE ADVENTURE BR を探す】

 

【楽天市場で ミズノ WAVE ADVENTURE BR を探す】

 

ひざ痛持ちにおすすめの防水トレッキングシューズ。抜群のクッション性能はさすがランニングブランド。着地時の衝撃をふわっと分散してくれます。ビブラムソールも使用し、グリップは安定していて柔らか過ぎません。また3Dゴアテックスで甲の部分だけでなく足底からも蒸れを放出してくれて快適です。妻からはデザインが地味すぎると言われましたが、個人的にはデザインより履き心地重視なので満足しています。スプリングのようなクッション感が素晴らしいので一度試着してみて下さい。amazonならワードローブサービスで試着無料です(※要prime会員)

 

 

 


Amazonプライム無料体験

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。