スポンサーリンク

 

 

 

昨日放送された、イッテQ登山部のアイガー編。手に汗握る展開でありながらもしっかり笑えるという、ドキドキハラハラゲラゲラな2時間でした。イモトさんが使っていた登山装備はこちらの記事でまとめています。

 

 

 

 

イッテQのアイガーバターコーヒー

引用:http://i.huffpost.com/

 

 

今回はイッテQ登山部で取り上げられていた「バターコーヒー」についてまとめておきたいと思います。

 

 

 

【バターコーヒーとは? バターコーヒーの作り方とレシピなど】

 

バターコーヒーの作り方とレシピ

引用:https://www.welt.de/

 

 

イッテQの天国じじい・貫田ガイドが愛飲しているバターコーヒー。このバターが入ったコーヒーは、ダイエットに効果が期待できるという事でだいぶ前にブームになりました。貫田ガイドが話していた内容を要約すると、

 

 

・バターコーヒーは今までのダイエット方式を覆す考え方。貫田さんは1か月に5、6kg痩せた

 

・バターはグラスフェッドバター(牧草しか食べない牛の無塩バター)を使う。

 

・スイスのバターはみんなグラスフェッド。グラスフェッドじゃないとバターじゃないとされる。

 

・コーヒー1杯(160cc)に対して10gのグラスフェッドバター、ココナッツオイルを少々入れる。

 

・バターをかじりながらコーヒーを飲んでも意味が無い。

 

ミキサーなどでよく撹拌して飲むのが肝心。

 

・「牛乳入れるよりまろやかになって良い」(イモトさんの感想)

 

・これ1杯でお昼までお腹が持つ。

 

・倉岡裕之ガイドはバターコーヒーを1年以上続けて、2016年春にエベレストに登った。今まで高所で頭痛がしていたがバターコーヒーのおかげで頭痛が無かった

 

・エベレストを初めて無酸素登頂した国際山岳ガイドの鈴木昇己さんは、60歳を過ぎてもオーバーハングの場所をクライミングで登っていく。貫田さんいわく、その秘訣はバターコーヒー。

 

 

という事です。番組では「※ 鈴木昇己と倉岡さんと貫田宗男の意見です」とテロップが出ていましたが、クライミングの世界では注目を浴びている飲み物なんだそうです。

 

 

 

グラスヘッドバター

引用:http://store.shopping.yahoo.co.jp/

 

 

グラスフェッドバターは1個2000円前後でちょっと値段が高いのですが、クライミングのポテンシャルが上がったり高山病対策になるのなら安い買い物です。クリーミーで美味しいとイモトさんが味わったバターコーヒー、私も購入して山で飲んでみたいと思います。

 

 

 

【amazonベストセラー】
グランフェルマージュ バイオ・グラスフェッドバター 無塩 250g
 

 

 

 

【amazonベストセラー】
レインフォレストハーブ 有機JASオーガニックバージンココナッツオイル 500ml

 

 

 

カリタ
ふわふわミルクフローサー FM-100

 

 

 

【追記1】

 

 

 

さっそくamazonで注文。ベストセラー1位のものを注文したんですが、何とバターが3~4週間待ち。これはもしやイッテQ効果なんでしょうか。

また商品が届き次第、レビューしたいと思います。3週間も待てない、という方は別のグラスフェッドバター を注文したほうがいいと思います。

 

 

 

【追記2】

 

無事に注文したグラスフェッドバターとココナッツオイルが届き、さっそく山でバターコーヒーを作ってきました。

 

 

 

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。