スポンサーリンク


噴火速報アラーと

気象庁が2015年8月4日から「噴火速報」を開始しました。日本にある47の活火山を含む常時観測火山で噴火の事象が発生した際、5分以内をめどに発表されます。これから山に登るとき、森の中を歩いている時、火口が見えない時に噴火の速報を受けることで事故を減少することができます。


47の活火山リスト


【噴火速報を通知してくれるアプリ「噴火速報アラート」】

噴火速報アラート

このアプリを導入しておけば、気象庁が噴火速報を発表した時に連動して情報を通知してくれます。噴火の恐れがある山に登る際にはぜひダウンロードしておきたいアプリです。料金は無料です。

● iPhone :App Storeで「噴火速報アラート」と検索
https://itunes.apple.com/jp/app/pen-huo-su-baoarato-o-tian/id1020106337?mt=8

● Android:Google Playストアで「噴火速報アラート」と検索
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.jmc.android.funkaalert


【気象庁のページで噴火の状況・入山規制状況を事前確認】


噴火警報や火山の状況に関する解説情報を発表している火山
(この画像は2015年8月5日現在のものです)

なお、下記リンクの気象庁のページを見れば現在噴火している山や噴火警戒レベル、入山規制情報などを知ることができます。

● 火山登山者向けの情報提供ページ
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/map_0.html

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。