スポンサーリンク

WAKEウェイクモンベル仕様車の画像
引用:http://www.d-wake.jp/

 

 

「あんちゃん」役の玉山鉄二さんが良い味出してる、ユニークなCMでお馴染みのダイハツ「WAKE(ウェイク)」。モンベルとコラボした特別仕様車が1500台の台数限定で販売されています。
ノーマル車とモンベルコラボ車の違い、同じアウトドア向けのスズキ・HUSTLER(ハスラー)との比較をしてみました。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

【ウェイク・モンベル仕様車の特徴と違い】

 

 

ウェイクモンベル荷物入れる所・トランクルーム
引用:http://www.d-wake.jp/
ウェイクモンベルの中・座席
引用:http://www.d-wake.jp/

 

 

大きな特徴としては、「イージーケアフロア」で泥汚れなどを気にせず荷物が積める点。雨の日の登山でドロドロになった登山靴でも気にせず乗りこめ、レインカバーを付けたままのザックも気兼ねなくトランクに放り込めるのはポイント高いです。

 

 

 

 

 

濡れたまま座れる座席シートカバー
引用:http://www.d-wake.jp/

 

 

購入時の付属品、モンベルロゴの防水シートエプロン。これがあれば濡れたレインウェアを着たままで車に乗りこめます。
ロードバイク、折り畳みカヌー、登山装備が十分入る脅威の積載量。自転車のホイールを外さなくても簡単に積めるのは良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

【ウェイクとハスラー、登山するならどっちが良い?】

アウトドア向けの軽自動車といえば、アラレちゃんのCMでおなじみのハスラーも人気があります。(私もハスラー欲しいと思っていました) ハスラーのXターボとモンベルウェイクで性能を比較してみました。

 

 

 

 

 

   ウェイクモンベルコラボ
(4WD)
ハスラーXターボ
(4WD)
カラー パールホワイトのみ 10種類
(内2トーン5色)
車高 140mm 175mm
シート
カバー
付属
(座席全体)
追加アクセサリー
(座席表面)
着替え
純正バックドア
タープ

純正カーテン&
タープキット
防水 座席
フットスペース
トランク
トランク
車両
サイズ
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1835mm
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1665mm
車両
重量
1050kg 870kg
室内
寸法
長さ:2215mm
幅:1345mm
高さ:1455mm
長さ:2035mm
幅:1295mm
高さ:1250mm
最高
出力
64ps/6400rpm 64ps/6000rpm
最大
トルク
92Nm/3200rpm 95Nm/3000rpm
燃料
消費率
(km/L)
23.2 25.0
価格 189万5400円 162万1080円
(2トーンは+43200円)

 

 

 

カヌーやサイクリングをするなら積載量のあるウェイクが有利、登山・キャンプをするなら高い車高で悪路走破性があり雪道の下り坂でブレーキがかかる「ヒルディセントコントロール」もあるハスラーが有利といった感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【スズキハスラーのアウトドアスタイルの発売日は?】

 

 

 

 

 

 

ハスラーアウトドアスタイルとウェイクモンベルの違い

 

 

ただ、ひとつ気がかりな点があります。ハスラーの特別仕様車・黄緑色のアウトドアスタイルがまだ市場に出ていないんです。2015年1月のオートサロンで展示されたこのモデル、発売日はまだ未定。5月頃にリリースされるかと噂されましたが、おそらくウェイクのモンベル仕様車リリースを受けて、売れ行きやレビューを参考にしてから後出しで良いものを出してくるのではと考えられます。ウェイク&モンベルのようにどこかの企業とコラボしたりするんでしょうか。コールマン・ロゴス・スノーピーク・ノースフェイスなどとコラボしたら面白そうですが。
是非ウェイクのイージーケアのような防水素材で足回りや内面を泥汚れに強い環境にして頂き、座席の純正防水シートもレインウェアを着たままでOKのような素材でシート全面をすっぽり包み込むカバーにして頂ければなと思います。

 

 

 

 

 

ウェイクモンベル防水座席シート
ウェイクのモンベル防水座席シート
ハスラーの防水シートカバー純正
ハスラー純正防水シートカバー

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

【まとめ】

 

モンベルの「SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット)」は、海から山、カヌー・サイクリング・登山とトライアスロンのように楽しむイベント。積載能力の高いウェイクなら、折り畳みカヤック・自転車・その他装備を積み切る事ができます。海や川のレジャーをする機会が多いカヌーイスト・サイクリストの方はウェイクがオススメです。積載量的にもキャンプやバーベキューでも大活躍します。
山登りオンリーな私としてはハスラーが有利な印象です。車高があるので登山道までの悪路アプローチも心強く、冬の雪山登山で凍結路面を走る事になってもヒルディセントコントロールで安心です。
海もやるのか、山だけなのか。用途に合わせて選択すればいいと思います。それにしても、ハスラーアウトドアスタイルはいつ発売されるんでしょうか。ウェイクの後出しなのでアウトドア好きを驚かせるサプライズ性能を期待したいと思います。

 

 

 

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。