スポンサーリンク

キャンプやバーベキューなど野外で食べるご飯は、家で食べるご飯より旨い。広い景色を眺めながら飲む登山でのコーヒーも旨い。

アウトドアでの食事を、人は何故美味しいと感じるのか。不思議に思っていました。

先日スノーピークの店頭で配られている冊子を読んで、その原因のひとつがわかりました。

「脳はキャンプをしたがっている?」という、脳科学を研究している池谷祐二(いけがや ゆうじ)薬学博士(東京大学・大学院薬学系研究科 教授)のコラムによると、


・「快感の報酬」で考えると、安全な巣(屋内)で食べるより未知で危険な屋外で食べると快感が大きくなる。

・快感の報酬は差分に反応する。苦痛で辛い山を登る行程を経て、安全に周りを見渡せる山頂に着いてのご飯は大きな差分の報酬になる。

つまり、

家以外の非日常の場所で食べると、おいしく感じる。

しんどい思いをして料理に手間がかかった分、おいしく感じる。

という事。

レストランなどで外食するのが美味しいのはもちろん、飯盒で米を炊くのに手間がかかったカレーが旨いのも、汗を流して山を登ったあとのご飯が美味しいのも、脳科学的に「快感の報酬の差分」の影響を受けているからと言えます。

となると、コーヒー登山ではこんな山コーヒーが美味しくなります。

「人里離れた山奥にて、生豆から焙煎して、コーヒーミルで挽いて、枯れ木を集めてお湯を沸かして、パーコレーターで火加減を調節しながら時間をかけて淹れるコーヒー」

コーヒーを飲むまでに1時間くらいかかるこの行程。実際に「山と珈琲 八経ヶ岳編」でこれをやりましたが、確かに「コーヒー以上の味がするコーヒー」になりました。快感の報酬の差分で考えると美味しくならないはずがないですね。


アウトドアで美味しいご飯を食べようと思ったら、「人間の文明」から出来るだけ遠ざかった場所で。
人工物が視界に無く、携帯の電波が届かない。日常から遠ざかるほど美味しくなります。

そして、いつもより手間と時間をかけて料理を楽しむ。
水回りやトイレなどの施設が近代的なキャンプ場より、自然味溢れるちょっと不便なキャンプ場。
車で楽に行ける山頂より、自らの足で苦労して登った山頂。
便利なガスバーナーグリルより、炭火のバーベキューグリル。
お湯を入れるだけのインスタントコーヒーより、コーヒーミルでゴリゴリと挽いてのコーヒー。

すべてが快適・お手軽になってしまった現代。感動する感覚が麻痺している人が増えてきているように感じます。人間の祖先がやっていた不便な生活の方が、美味しさはもちろん、「生きる喜び」を強く感じるように出来ているんですね。

人生が豊かになる鍵は、アウトドアが握っているのかもしれません。

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。
スポンサーリンク