スポンサーリンク

 

 

 

こちらの白い花は、コーヒーの木(コーヒーノキ)の花。白い小さな5枚の花を咲かせ、ジャスミンのような香りを放ちます。

 

花言葉は、「一緒に休みましょう」だそうです。

 

青山
コーヒーらしい意味付けですが、花言葉って誰が決めるんでしょうか。

 

 

wikipediaによると、花言葉の起源については17世紀のトルコ発祥など諸説あるのですが、1819年頃にシャルロット・ド・ラトゥールが独自の花言葉をまとめた「Le Langage des Fleurs(花言葉)」を出版し、19世紀の絵本画家ケイト・グリーナウェイが挿絵付きの花言葉の本を出版したのがおおまかなベースとなっているようです。

 

近代になり、園芸産業の広がりとともに「販売促進のために業界団体や企業・生産者が命名」したり「新品種の開発時に開発者が命名」するなどで花言葉は増え、特に公式に認定する機関はないようです。

 

 

コーヒーの木の花はどこで売っている?

 

【楽天市場】コーヒーの木 観葉植物

 

 

「一緒に休みましょう」という思いを込めて、コーヒーの花を贈りたい・部屋に飾りたいと思っている人がいるかもしれませんが、コーヒーの花は花屋で売っていません

 

コーヒーの花の開花期間は1日~2日程度と極めて短く、花が咲くまで3年ほど育てないといけないため、基本的にコーヒーの木は観葉植物として売られています。

 

青山
プリザーブドフラワーで売ってないか探してみたら、造花ならありました。

 

【楽天市場】人工観葉植物 コーヒースプレー 全長60cm

 

【楽天市場】コーヒーツリー ナチュラルトランク(造花)

 

 

別の花言葉があってもいいのでは

 

 

コーヒーの木の花言葉は「一緒に休みましょう」というのがわかりましたが、熱帯地域の植物のため日本の冬の寒さに弱く、花を咲かせるまでに3年以上かかり、花は2日で枯れると思うと、何か別の花言葉があってもいいんじゃないかと思います。

 

青山
私は10代の頃に何となくコーヒーの木を買い、最初の冬を越えられずに3か月程度で枯れました。私が花言葉をつけるなら「10代の恋愛」です。

 

 

ただ、園芸業界では花が咲くまで3年というのはそんなに長い訳ではないようです。コーヒーが好きで植物を育てるのも好きな人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

コーヒーの木 観葉植物

【amazonで探してみる】【楽天市場で探してみる】

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。
スポンサーリンク