スポンサーリンク

登山やアウトドアでコーヒーを入れた時に面倒なのがコーヒー粕(かす)の処理

インスタントなら粉がすべて溶けるのでゴミは袋くらいしか出ませんが、ドリップやコーヒープレス、パーコレーターや直火式エスプレッソメーカー(マキネッタ)などは抽出後に出がらしが出来てしまいます。

また、2杯目を淹れる場合。ペーパーフィルターやドリップパックなら、ペーパーごと出し殻をビニール袋などに捨てれば2杯目を淹れる事ができます。ですが他の抽出方、特にパーコレーターやコーヒープレス、マキネッタは中のコーヒーカスを水で洗い流さないと2杯目を入れられません。連続抽出がやりにくい点がちょっとしたデメリットです。


【土に埋めると自然分解するのか?】




自然分解するなら土の上で洗う事も出来るのですが、調べてみたところコーヒーは窒素を含有しているため分解速度が遅いそうです。加えて、乾燥してないびちゃびちゃの状態で捨てるとカビが発生し、植物や木の根が腐って環境破壊に繋がる可能性が高いです。

それ以前に、基本的に街の物を山や川に捨てる行為は自然保護の観点から推奨できません。

庭に捨てる・埋めるとしてもほどほどの量にしておいた方が良さそうです。

また、キャンプやバーベキューなどの炊事場に流す際も注意が必要です。コーヒーかすは溶けにくい(分解されにくい)ので炊事場のパイプが詰まる可能性があります。
できるだけ「燃えるごみ」として処分したいところです。


スポンサーリンク

【アウトドアにおけるコーヒーかすの処分方法・結論】



アウトドアでのコーヒーかす問題、個人的にはこのように対策しています。

● アウトドアでコーヒーを淹れたらコーヒーかすは持ち帰る

● 汁物ゴミ対策はジップロックが有効

● パーコレーターやコーヒープレスのカスはウェットティッシュで拭き取って処理

● マキネッタを連続で淹れる時は中のバスケットの予備を用意する

コーヒーかすは持ってかえって乾燥させれば、消臭剤としてリサイクルが可能。
生ゴミの臭いがかなり軽減でき、非常にエコです。

山でコーヒーを楽しむなら、捨て方・処分方法まで考えて、木や自然を傷める行為を慎みたい所です。

スポンサーリンク