スポンサーリンク


山登りを始めると、「歩く」という行為が楽しくなってきます。
普段は短い距離でもタクシーや電車を使うのに、それらに頼らず歩くケースが増えてきます。
私自身、終電を逃した時に「一度家まで歩いてみるか」とチャレンジして、3時間かけて帰宅した事も何度かありました。
(歩行時間3時間と考えると登山では楽な方です・笑)
歩くのが好きになってくると、仕事で履いている革靴に変化が出てきます。
サイズの微妙な違いが気になるようになり、「ブランドや見た目のかっこよさ」より「歩きやすさ」を重視するようになってきます。
私が行きついたのは、アシックスのランウォークです。

スポーツシューズメーカーのアシックスだけに、ものすごく歩きやすいです。
「走れるビジネスシューズ」のキャッチコピーは嘘ではありません。
もう何度か、乗り遅れそうになった電車に走って間に合う事が出来ました(笑)
ランニングシューズにも採用されている中敷きでクッション性は十分。ヒールのカカト部分にも衝撃を吸収するジェルが埋め込まれており、ストレスなく快適に歩行する事が出来ます。カツカツ感が無いので膝に優しいです。
また、登山が趣味の人にはおなじみのスーパー防水素材「ゴアテックス」生地を採用。
急な雨が降っても、しっかりと雨を弾いてくれます。
お値段一足3万前後はしますが、正直もう安物の格安革靴を買う気にはなれません。
「ビジネスシューズ激安売り尽くしセール」などにも反応しなくなりました。
メイドインジャパン、日本製の高機能シューズ。一度履いたら虜になります。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

ランウォークには色んな種類がありますが、ビジネス用途なら「プレーントゥ」「ストレートチップ」が定番でおすすめです。個人的にはプレーントゥにシワが入って味が出てくるのが好きです。
ちなみにランウォークの欠点・悪い点としては、ソールの張り替えが出来ない点と、革の質が中程度という事。プレーントゥのシワは高級革靴ブランドのなめらかさには及びません。ただ、価格と歩行性能を考えれば妥当といえます。ランウォークと高級革靴の2足を使い分けるのが良いと思います。
amazonなら通常配送無料・30日間返品送料無料です。
ランウォーク未経験の方は是非その歩行感を試してみて下さい。

[amazon] RUNWALK(ランウォーク) 外羽根プレーントゥ

[amazon] RUNWALK(ランウォーク) 内羽根ストレートチップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

なお購入後、もし何か当たる感覚・違和感があれば3Dインソール中敷きで対処できます。
アシックスの3Dフィッティングマシン・3次元足形計測機を使って、セミオーダーで中敷きを作ってくれます。
料金は両足で約3500円。セミオーダーで足に合わせてくれるので確実に自分好みの靴になります。
私も計測して、何度か修正したのち「マイインソール」を作りました。ストレスのない歩行を楽しんでいます。
この価格でほぼオーダーメイドというのは嬉しいです。
計測機を置いている店舗はこちらで確認できます。

 

 

 

 

 

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。