スポンサーリンク

 

 

 

9月1日は防災の日。1923年に発生した関東大震災や、この時期に台風が多いことから災害に対する備えの啓発を目的に制定されました。

 

政府の広報では備蓄の確認や停電対策を推奨しています。私の家も台風で長時間停電したことがあるので、防災用品を点検することにしました。

 

 

青山
点検・準備は面倒ですが、何かあってからでは遅いので取り掛かることにしました。

 

 

まずはモバイルバッテリーを充電

 

 

 

ひとまずはモバイルバッテリーを充電。青山家にはアンカーのパワーコア10000が3個あります。全部をフル充電しました。

 

これ1つでスマホが2~3回満充電可能。災害時には連絡手段の確保と災害状況の把握は重要です。モバイルバッテリーは家族全員分あったほうがいいと思います。

 

 

青山
この容量のモバイルバッテリーでは最軽量クラスで値段も手ごろです。

 

 


Anker(アンカー)
PowerCore 10000

【amazonで探す】【楽天市場で探す】 

 

 

 

防災用品の確認と点検

 

バッテリー充電後は、照明用のランタンに使う単3電池の確認や非常用使い捨てトイレの確認、トイレットペーパーとオムツの備蓄確認、ガスが止まったとき用の調理用のカセットコンロ&カセットガスの確認などをしました。

 

 

青山
水の消費期限が迫っていたので買い足しです。子供用の食べ物も不十分でした。

 

 

防災対策はきりがなく、どこまで準備をするかで変わってきます。ひとまずは「台風で停電が3日続いた場合」を想定して取り掛かることにしました。

 

防災の日をきっかけに、備蓄用品の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

青山家が買った防災用品

 

前の停電の時に買っておいてよかったなというアイテムをご紹介します。

 

Petzl(ペツル)
e+LITE

【amazonで探す】【楽天市場で探す】 

 

青山
クライミングブランド・ペツル社の非常用超軽量ヘッドライト。重さがたった26gなので、つけていて邪魔になりません。10年保管が可能で緊急時用のホイッスル(笛)も付いています。

 

 

GENTOS(ジェントス)
エクスプローラー SOL-036C

【amazonで探す】【楽天市場で探す】 

 

青山
キャンプ用で人気のLEDランタン。そこそこのサイズ感で、使い勝手が良かったです。逆さにしてカバーを外して吊るすと、夜の食事がしやすかったです。

 

 

RAVPower
ソーラーチャージャー 【3ポート / 24W】

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

青山
長期停電用のソーラーパネル充電器。モバイルバッテリーの電池がなくなっても大丈夫、という「持っている安心感」が大きかったです。

 


ブレイン(BRAIN)
サッと固まる非常用トイレ袋(30回分)

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

青山
災害時に困るのは食事よりもトイレ。停電でポンプが止まって水が流せなくなるので使い捨てのトイレは必須です。amazonレビュー250件、星4.0の人気商品です。

 

スポンサーリンク