スポンサーリンク

 

 

 

 

革新的なハラマキに出会いました。アクシーズクインの「ナツノハラマキ」。ファスナー付きで靴を履いたまま付け外し可能。実際に山で使ってみたところ、実に快適で、速乾通気性などの機能面も文句なし。値段はそれなりにしますが、腹巻きハイカー注目の良アイテムです。

 

 

 

 

 


 

【レイヤリング(脱着)が簡単な「ジップ付き腹巻き」】

 

 

 

 

これがジップ部分。YKKのファスナーを使っているので変な引っかかりが無く開閉がスムーズ。いつもの腹巻だと「かがんで履く」という動作が要りますが、これは立ったままお腹に巻いてジップを締めるだけ。めちゃくちゃ便利です。

 

 

 

たとえば、登山中に風の強い稜線に出た時。冷たい山風で汗冷えするから腹巻きを巻きたいと思っても、登山靴を脱いで腹巻きを履くのは面倒です。

 

 

 

その点、ファスナー付きなら登山靴を脱がずに腹巻きを装着できます。登りで体が熱くなってきたら、ジップを下ろせばサッと外せます。非常にスピーディーです。

 

 

 

 


 

【裏面(背中側)はメッシュで登山に適した機能性】

 

 

 

 

生地は、凌ぐウール・オーストラリアメリノウールを使用し、背中側は撥水ポリエステルメッシュになっています。登山ではザックを背負うため背中は蒸れやすいのですが、真夏の大山登山(歩行時間6時間超え、高低差1000m)でも汗濡れを感じない快適さでした。

 

 

 

 

 

タグに書いてある「ウールの調湿効果」は下記の通りです。

 

 

 

・吸汗性ポリエステルが汗を素早く吸い取り、ウールが衣服内湿度を最適に保ちます

・ウールが衣服内湿度をコントロールし、蒸し暑さを防ぎます

・表面がポリエステルですから、ハードなコンタクトスポーツにも摩耗しません

・雑菌が繁殖し難く、臭いを防ぎます

・紫外線を効果的にカットします

・洗濯機で洗え(中性洗剤使用)しかも速乾性を有します

 

 

 

確かに蒸れを感じず、前面のお腹部分に暖かさを感じます。山では2~3日連続で着用したりするので、ニオイ予防機能もあるのはありがたいです。

 

 

 

【ぼろぼろになったモンベルのジオライン腹巻き】

 

 

 

これまではモンベルのジオラインウエストウォーマーを使っていましたが、ジオライン生地が傷みやすいのが気になっていました。アクシーズクインの生地はジオラインより耐久性がありそうです。しばらく使用して、劣化が見られたら当記事に加筆したいと思います。

 

 

 

 

 


 

【登山や通勤電車などのお腹の冷え対策に】

 

 

 

アクシーズクインのナツノハラマキ、登山でお腹の冷え対策をしたい人におすすめのアイテムです。山での使用はもちろん、通勤通学でも使えます。

 

 

 

カラーはブラック(墨色)とグレー(石版色)の2色展開。定価は4200円(税抜き)。なお、アクシーズクインからは秋冬用のクイックハラマキも発売されています。こちらは防風性のあるナイロンと速乾保温性のあるフリース生地を使っています。(※前モデルのため数が少なくなっています)

 

 

 


AXESQUIN(アクシーズクイン)ナツノハラマキ

 

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

 

 

 


AXESQUIN(アクシーズクイン)クイックハラマキ

 

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】 

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。