スポンサーリンク

 

(記事公開日:2018年2月11日)

(最終更新日:2019年3月2日 第6稿)

 

花粉症で登山

 

 

 

今年も花粉の季節がやってきました。妻は花粉症持ちなので、花粉のニュースを目にするたびに不機嫌になっています。

 

 

 

山間部にはスギやヒノキが群生しているので花粉症の人にとっては「登山に行くなんてとんでもない!」と思われると思いますが、花粉症の妻は山に行くとなぜか症状が軽くなります。不思議なものですが、私の知人も「山に行くと花粉症が楽になるんだよね」と言っています。

 

 

 

科学的根拠はよくわかりませんし、もちろん個人差はあるとは思います。ただおそらく、

 

 

 

・都市の排気ガス(ディーゼルエンジンなどの窒素酸化物)と花粉が合わさってアレルゲンになっているらしい
・山間部は都会のようにアスファルトばかりでは無いので、花粉やPM2.5などが溜まりにくい

 

 

 

この2点が、山間部で花粉症が楽になっている要因なんじゃないかなと感じています。

 

 

 

 

 

 

【追記:2019年3月2日】

登山でご一緒した山登りミュージシャンの秦野貴仁さんも「山に行くと花粉症が楽になる」と言っていました。市街地が近づくにつれ、症状が徐々にひどくなっていました。

 

 

 

 

 


 

【青山家が愛用する花粉症対策グッズ】

 

花粉症対策の北山村じゃばら

【大量に購入したじゃばら飲料】

 

 

 

妻が花粉症対策で愛飲しているのが「じゃばら」のジュースです。「邪気(じゃき)」を「払(はら)う」果実で「じゃばら」と名付けられ、花粉症に効果があるとされるフラボノイド・ナリルチンが大量に含有されていて、平成15年9月にアレルギーの原因となる脱顆粒現象の抑制を期待できると日本食品学会で発表されました。

 

 

 

青山家では昨年・一昨年と飲み続け、妻は例年より花粉症の症状が軽くなったと感じています。こういうものはどこまで有効かはわかりませんが、個人の感想レベルでは花粉症緩和に役立っています。

 

 

 


【楽天市場】じゃばらまる ドリンク 190g缶 1箱30缶入り

 

味はちょっと酸っぱいくらいで普通に美味しいのでジュース感覚で飲めます。花粉のベストシーズンになると売切れたり価格が高騰したりするのでご注意ください。和歌山の北山村が関わっているものを買うと失敗が無いと思います。

 

 

 


ハナクリーンS(ハンディタイプ鼻洗浄器)

 

 

あと、こちらの「鼻うがい」もスッキリして気持ちが良いとの事です。片方の鼻の穴からお湯を注入して、もう一方の鼻の穴から出します。「えー」と声を出しながらお湯を注入すると、ちゃんと反対側の穴からお湯が出てきて鼻の奥がツーンと痛くなりません。

 

 

 

amazonでは663件のカスタマーレビューで星4.5。超ベストセラーの商品です(2019年2月末現在) 花粉症・アレルギー鼻炎対策のグッズとして耳鼻科でもオススメされている鼻洗浄。ハナクリーン用の洗浄剤も売っています。先日2019年用に追加購入しました。

 

 

 

 


 

【2019年、花粉症対策の新兵器を投入しました】

 

 

 

 

今年もじゃばらにお世話になろうと思ったのですが、世間でやたらと評価が高まっている「近大サプリ」を試してみる事にしました。こちらも和歌山県産の柑橘系を使用。amazonレビューが133件の星4.0で高評価です。ただ、値段は1か月分で3700円。じゃばらと同じようにちょっと高価です。

 

 

 

まだ2月26日から飲み始めたばかりなので、また日が経ったらこの記事で状況報告を加筆したいと思います。

 

 

 

【追記:2019年3月2日】

妻の花粉症、目のかゆみなどの症状がちょっとマシになっているとの事です。もうしばらく飲み続けて様子をみます。ちなみに「一度に9粒は飲むのがしんどい」と言ってました。錠剤が苦手な人はじゃばらジュースの方がいいかもです。

 

 

 


近大サプリ ブルーヘスペロン キンダイ 青みかん 270粒

 

 

 

 

 


 

【登山・アウトドアの花粉症対策グッズ】

 

 

なお、花粉対策グッズは登山・アウトドア用でもいくつかあります。その中から評価が高いアイテムをご紹介したいと思います。


SWANS(スワンズ) 大人用花粉グラス

 

スポーツアイウェアメーカー・スワンズの花粉対策眼鏡。水泳のメガネのように目の周りを覆って花粉が入ってこない作りになっています。重さはわずか34g。UVカット率も99%以上を誇っています。花粉ガード用アイカバーは簡単に取り外しができ、左右の耳の位置に合わせて角度調整が可能。マスクと併用できるようレンズ内側に曇り止め加工がされている高機能花粉メガネです。

 

 

 


mont-bell(モンベル) WIC クール フィールドマスク

 

日本のアウトドアブランド・モンベルの花粉対策グッズ。鼻や口に花粉や黄砂が入ってこないようにするマスクで、通気性に優れた生地を使用。顔のラインに沿った立体裁断や鼻の形状にフィットする樹脂製芯材などでメガネやゴーグルが曇りにくい作りになっています。消臭機能付きでフィルターは交換可能です。

 

 

 


アレルシャット 花粉イオンでブロック 160回分

 

イオンの力で花粉が顔につかないようにするスプレー。amazonレビューでも目がかゆくなりにくいと好評です(静電気の影響ってけっこう大きいんですね) マスクやメガネと併用する事でずいぶん症状を緩和できるようです。

 

 

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。