スポンサーリンク

 

 

 

 

東日本大震災が発生した、3月11日。震災への備えを見直す時期です。

 

 

 

大きな地震が発生すると断水で水の供給がストップしてしまいます。大量に水を備蓄しておけば安心ですが、マンションなどでは収納スペースも少ないので置き場に困ってしまいます。最低限、何日分の備蓄があればいいのでしょうか。

 

 

 

 

【食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例(人数分用意しましょう)】

 

飲料水:3日分(1人1日3リットルが目安)
非常食:3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど
トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセットコンロ など

首相官邸ホームページ災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~」より

 

 

 

 

水は3日分あれば良いようです。

 

 

 

私の家族は2人と子ども1名なので、必要な水は24リットルくらい。2リットルのペットボトルが12本分…けっこう場所をとりますね。ちなみに、500mlサイズの小分けだと持ち出しが容易だそうなので、48本セットで買うのが良いようです。さっそく備蓄用の水をamazonで探してみました。

 

 

 

 

 


 

【賞味期限が長い長期保存水は高い。平均価格相場は150円から200円】

 

 

 

 

48本で8000円? 1本あたり166円? この時期だから高騰しているのかと思いきや、150円~200円くらいが長期保存水の平均価格でした。

 

 

 

スーパーやコンビニで買える一般的なミネラルウォーターの場合、保存期間(賞味期限)が500mlサイズは約1年、2Lサイズで約1~2年だそうです。毎年入れ替えする手間とローリングストック(古い備蓄品を使い、新たに買い替えること)の経費を考えれば長期保存水の方がお得ではあります。

 

 

 

長期保存水で、1本あたり100円以下の水はないのか探してみたら、ありました。

 

 

 


【送料無料】災害備蓄用 非常用保存水「EMERGENCY」500ml×48本(5年保存)

 

 

 

こちらの非常用保存水は500mlサイズ48本で税込4098円。1本あたり79円です。しかも送料無料。コンビニで水を買うより安く、長期保存水相場の半額という驚きの値段なんですが、同じ楽天ショップの商品でさらに手頃な価格の水がありました。

 

 

 


富士の恵み天然水「Mt.Fuji」500ml 24本(2箱)【送料無料】

 

 

 

こちら、保存期間2年で1本あたり50円。税込で2394円ともっとお手頃価格になりました。ただ、ローリングストックの期間が短くなって価格差も1700円なので、総合的に考えると5年保存の方が良いかなと思っています。楽天ポイントが貯まっているのでいざという時のために注文しておこうと思います。

 

 

 

 

 


 

【余談:災害用の非常用トイレは購入済みです】

 

 

 

 

ちなみに災害用の非常用トイレは購入済みです。災害時に困るのは食事よりもトイレと言われています。通常、トイレで水を流すときに使う水の量は6リットル。トイレのたびに流すにはかなりの量の水を確保しなければならず、水を流さずにいるとニオイや衛生面が問題になってきます。コンビニや公園のトイレに駆け込んでも、断水していて前の人のもので汚れているわで厳しい状況になります。

 

 

 

なので、固まる系のトイレでの処理が推奨されています。私が買ったこの商品はamazonレビュー165件で星4.0、値段もお手頃で大人2人で3日分はあります。10年保存なので、これも災害対策で買っておくと安心だと思います。

 

 

 


サッと固まる非常用トイレ袋(30回分)

 

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。
スポンサーリンク