スポンサーリンク

 


DeLonghi(デロンギ)
コーン式コーヒーグラインダー KG364J

amazon価格: \15,260(2020年5月現在)

【amazonで探す】

 

 

 

今まで、このデロンギのKG364Jが「うす式電動コーヒーミル」で一番お手頃な機種だと思っていました。私自身、10年くらい前に粒度が不安定なプロペラ刃コーヒーミルを卒業してこれを買いました。確か当時1万円くらいだったように思います。(今はワンランク上のカリタのナイスカット系ミルを使っています)

 

ところが、もっと安価なうす式のコーヒーミルが発売されていました。それがこちらのKG79Jです。

 

 

 

DeLonghi(デロンギ)
コーン式コーヒーグラインダー KG364J

amazon価格: \5,027(2020年5月現在)

【amazonで探す】

 

KG364Jが15260円なのに比べて、こちらのお値段は5027円3分の1の価格で「臼式」なんです。

 

もちろんKG364Jが性能として劣る点はあります。コーヒー豆を挽く粉の大きさが「細挽き~粗挽き」で「極細挽き」に対応していないためエスプレッソやアイスコーヒーを作るのにはあまり適していない点、コーヒー豆を挽くときの動作音がそこそこ大きいという点など。静電気によるコーヒー粉の飛び散りはKG364Jと同様に問題点となっているようです。

 

ただ、臼型のコーングラインダーが5000円台というのは破格の安さです。デザインもシンプルでおしゃれなので、これから挽きたてコーヒーを始めたい初心者におすすめの電動ミルといえます。

 

 

青山
手挽きのコーヒーミルを買ったけど手動が面倒で疲れた人、ブレード(プロペラ)刃からのランクアップを考えている人にもおすすめです。

 

 

 

【amazon価格5000円前後の格安臼式電動コーヒーミル】

 

 

デロンギ以外にも、価格帯5000円くらいで臼挽きの電動コーヒーミルが販売されていました。4点ご紹介します。

 

(※ 下記以外にも電池式の電動臼歯ミルなどがありましたが、低評価レビューが多かったのでリストから外しています)

 

 

 

Melitta(メリタ)
パーフェクトタッチII CG-5B

参考価格: ¥11,000
amazon価格: \5,800(2020年5月現在)

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

 

青山
サイズがデロンギよりひとまわりコンパクト。狭いキッチンにおすすめ。挽き目調節はできますが、粗挽きはできないようです。コーヒー器具関連メーカーのメリタなので信頼性は高いです。楽天市場だと8000円前後でした。

 

 

 

dretec(ドリテック)
スプレモ CG-101

amazon価格: \6,091(2020年5月現在)

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

 

青山
日本のキッチン雑貨メーカーのグラインダー。細挽きから粗挽きまで16段階で調節でき、一度に12杯分の豆が挽けます。大きさはメリタとデロンギの中間。これは楽天市場も同じくらいの価格で販売しています。

 

 

 

Oceanrich(オーシャンリッチ)
G1

amazon価格: \6,578(2020年5月現在)

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

 

青山
開発力・技術力のある中国メーカー・オーシャンリッチのコーン刃電動グラインダー。バッテリータイプなのでコードレス。直径8.5cm x 高さ17.5cmで場所もとりません。microUSB端子やモバイルバッテリーで充電可能。満充電で20杯分の豆が挽けます。一度に挽ける量が20gで挽くのに時間がかかるので大人数には不向き。上蓋とガラス容器を外せば粉の保存ビン(容量40g)にもなるのが便利です。検品は中国品質のため不良品が届く可能性も。返品交換は可能です。

 

 

 

Kalita(カリタ)
セラミックミル C-90

amazon価格: \6,618(2020年5月現在)

【amazonで探す】 / 【楽天市場で探す】

青山
日本のコーヒー関連メーカー大手・カリタの安価な臼式ミル。臼歯にファインセラミックを使用し、メッシュも9段階。日本のメーカーなので交換パーツがネットでも買えるので安心です。楽天市場だと7000円~9000円くらいです。

 

 

 

【デロンギのKG364Jが今のところ最安でした】

 

DeLonghi(デロンギ)
コーン式コーヒーグラインダー KG364J

【amazonで探す】

 

青山調べでは、2020年5月24日現在でデロンギのKG364Jが臼式電動コーヒーミルで一番安いという結果になりました。ちょっと割引しすぎな気がするので、数日後には値段が変わっているかもしれません。

 

それにしても臼歯で5000円は個人的には衝撃価格です。コーヒーにこだわってみたいけど予算を抑えたい、という人におすすめのミルだと思います。ご参考にして頂ければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク