スポンサーリンク

(記事作成日:2018年7月18日)

(最終更新日:2021年4月27日)

 

モンベルサンブロックアンブレラの口コミ感想レビュー

 

 

厳しい猛暑日が続いています。日に当たり過ぎたのか頭痛がして日常生活に影響が出てきたので、日傘を買いました。アウトドアブランド・モンベルのサンブロックアンブレラ。UVカット率99.7%を実現した晴雨兼用の軽量傘です。

 

 

 

 

生地はシルバーコーティングが施されていてモンベルのロゴが入っています。見た目がスポーティーな感じです。

 

使ってみて良い感じだったので、ご紹介したいと思います。

 

 

実際にサンブロックアンブレラを使ってみた感想

 

 

生地は分厚く、ばっちり日差しを遮っている手ごたえを感じます。実際に直射日光がなくなる分、体感温度が一段階下がった印象がありました。今までは街を歩くときに日陰から日陰へと渡り歩いていましたが、全く気にせずに歩けるのは気分がいいです。

 

重さは200gでユニクロの折り畳み傘より50g軽いです。サイズはカバンに入れていても邪魔になりにくい大きさ。自動開閉式ではないので折りたたむときに生地をたたんで仕舞ったりするのが面倒ではあります。ただ、わたしは折りたたみ傘は「軽さ」「コンパクトさ」を重視しているのでこの点は気になっていません。

 

あとは何と言ってもデザインがシンプルなのが良いです。黒やネイビーの傘だと「あの人、雨が降ってないのに傘差してる」と思われますが、生地色がシルバーなので一見してすぐに「日除け目的で傘を差してるんだ」というのがわかってもらえます。また、モンベルのロゴもアウトドアブランドとしての認知度が高まっているので「日差しが苦手な軟弱な人」ではなく「意図的に日差しをブロックしているアウトドア好きな人」という印象も与えることができます。

 

妻に「この傘どう思う?」と聞いてみたら「これならアリ。シルバーの生地が良い感じ」との返事。こういうデザインの日傘なら、男性でも積極的に使用できるなと感じました。

 

 

重さのスペック表示の誤差に不満あり

 

 

 

ひとつ不満を感じるのは、商品のタグに書いてある重さ表示。タグには「商品重量:178g」と書いてあります。実際にはかりで計測してみると、

 

 

 

 

 

206g。誤差が28gもありました。

 

 

 

 

タグの端には「記載重量は本体重量です」と書いてあります。収納袋を取って、あらためて計測してみます。

 

 

 

 

8g減りました。それでもタグに書いてある数値の178gとは20gの差があります。タグには「重量などのスペックには誤差が生じる場合があります」とは書いてありますが、それにしても20gは全体の10%になり誤差の範囲を越えているように思います。

 

登山用品のカタログスペックの重さのサバ読みはよくある話。ですが、登山の世界において「道具の重さ」は超重要項目。車の業界でも、あの三菱自動車やスバルが燃費不正に手を出していました。カタログスペックはそれだけ売れ行きを大きく変えてしまうのでしょう。

 

ただ、モンベルにはクリーンで良いイメージを持っているだけに、こういう不誠実な事はして欲しくないなと思います。「誤差」という言葉を使ってごまかしていますが、個人的には重量不正だと思いますし、景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)にも引っかかるんじゃないかとも思います。

 

今はSNSの時代なので、様々なメーカーの登山用品の重量不正は多くのユーザーが指摘していけばいいのではないでしょうか。ごまかしが効かなくなって企業イメージを損ねる可能性があるとわかれば、きっと企業側も数値を正してくれるのだろうと思います。

 

(※ ちなみにモンベルオンラインショップの重さ表示は200gでした。インターネット上で数値を公表する場合は景品表示法を遵守しないといけないのかもしれません)

 

 

もっとたくさんの男性に使ってほしい「男の日傘」

 

 

 

タグの重量表示はさておき、商品自体は良いものです。男性の日傘人口はまだまだ少なく、私が街で日傘を差している男性を見かけたのはこれまでで数人程度。もっと日傘が普及すればいいのにと思います。

 

ここ最近は異常気象の影響で熱中症の危険性が高まっています。アウトドアマンが積極的にアウトドア日傘を使うことで、男性社会に徐々に日傘が浸透して、多くの男性の健康を守れるのではないかと思います。

 

最初は日傘を差す行為にちょっと抵抗感がありましたが、実際に差してみたら非常に「使える」アイテムでした。この夏、街はもちろんアウトドアフィールドでも使いまくりたいと思います。

 

 

mont-bell(モンベル)
サンブロックアンブレラ

【モンベルオンラインストアで探す】

 

追記:実際に登山で使ってみました

 

 

 

 

 

実際に登山で使ってみたら、めちゃくちゃ直射日光を防いでくれました。日陰となる樹林帯が少ないルートで、風が強くなければ十分活躍します。重さ200gもそんなに気になりません。日陰のない場所で休憩する時には特に重宝しました。

 

 

その他のブランドのシルバー日傘(折りたたみ)

 

 

モンベルの日傘は4950円しますが、他社の安い折りたたみ日傘は1000円~3000円台

 

表地がシルバーでスポーツ感のある日傘をいくつかご紹介します。

 

日傘需要が高まっているのか、真夏のシーズン中は在庫切れしやすいので早めの入手をおすすめします。

 

 


オカモト原宿店
折りたたみ日傘 カーボン骨 Lサイズ

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

青山
雨具専門店のオカモト原宿店。価格が2000円以下とお手頃。広げたサイズが直径105cm、収納時長さ27cm、重さ200gとなかなかの性能です。

 

EuroSCHIRM(ユーロシルム)
ライトトレック ウルトラUV

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

青山
質実剛健が売りのドイツのユーロシルム。広げたサイズが直径98cm、収納時長さ27.5cm。重さ175gはモンベルより軽量。値段がそこそこしますが高性能です。

 


waterfront(ウォーターフロント)
銀行員の日傘折りたたみVer.

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

青山
価格・性能面ともに使いやすいです。広げたサイズは102cmで、収納時サイズは26.5cm、重さは290gです。

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。