スポンサーリンク

 

 

 

一般的なハンドドリップコーヒーの抽出方法を知り、自宅でのドリップを数多くこなし、登山をして山コーヒーを行うと、ある問題に突き当たると思います。

 

それは、デジタルスケール(はかり)無しの「目分量ドリップ」がけっこう難しい問題

 

コーヒーは適正湯量からちょっとズレるだけ・粉がたった数g増減するだけで味が変化してしまうので、デジタルスケールの使用が推奨されています。

 

 

引用:【amazon】HARIO(ハリオ) V60ドリップスケール 

 

 

例えばユーザーが多いハリオの定番ドリップスケールV60は、重さ265gでサイズが幅12cm×縦19cm×厚み3cm

 

登山の荷物としてはそんなに重くないのでこれでも十分ですが、山に持っていくならできるだけ軽くてコンパクトなスケールを選びたいです。

 

このハリオのスケールよりも軽い、ポケットサイズのはかりをリストアップしてみました。

 

青山
「ちゃんと重さを計って完成度の高いコーヒーを山で味わいたい!」と思っている方はご参考にして頂ければと思います。

 

超軽量ポケットサイズのデジタルスケール(はかり)リスト

 

タニタ(Tanita)
ポケッタブルスケール KP-104

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

重さ:約100g+3g(CR2032×1)
最大計量:200g
サイズ:13.4cm×6cm×1.9cm

青山
まずは「はかる」専門メーカーのタニタのポケットスケール。このKP104はたった100gで超軽量。ただし、200gまでしか計れないのでマグカップやドリッパーを乗せて注ぐと重量オーバーになってしまいます。コーヒー粉だけ計量するなら使えます。

 

 

eashome
デジタルスケール 1kg対応モデル

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

重さ:約160g+22g(単4×2本)
最大計量:1000g
サイズ:9.5cm×9.5cm×1.8cm

青山
LED画面がスライド式になっている中華製コンパクトスケール。V60より100g軽いです。1kgまで計測でき、自動オフ機能、風袋引き機能も付いています。価格も1500円程度とお手頃。中国製で精度はそこそこですが、12か月保証が付いています。

 

 

Randretailing®
ポケットデジタル スケール

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

重さ:約90g+22g(単4×2本)
最大計量:500g
サイズ:12cm×6cm×2cm

青山
ミニ電卓のような中華製コンパクトスケール。本体の重さは90gで500gまで計れます。風袋軽量機能やバックライト機能付き、1年間の保証付きでamazon価格は1000円程度。フタカバーを外すこともでき更に軽量化することができます。

 

 

 

SODIAL(R)
デジタルポケットスケール

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

重さ:約45g+22g(単4×2本)
最大計量:500g
サイズ:10.5cm×8.5cm×2.5 cm

青山
本体重量45g、調べた中で最軽量の中華製ポケットスケールです。自動スリープ機能・風袋軽量機能・青色LEDライト機能も付いてamazon価格1000円程度。価格が価格なので0.5g程度の誤差が発生するようですが、この軽さは山向きです。

 

山コーヒーを心で味わうならデジタルスケールは無くてもいい

 

 

いろいろと軽量デジタルスケールをご紹介させて頂きましたが、山コーヒーは「アバウトさ・不確実さ」を入れたほうが魅力的なのではという思いもあります。

 

「自宅コーヒーとアウトドアコーヒー、飲む場所の違いは味に影響があるのか?」などを検証するためなら、同じ味を再現するために計量は必要です。

 

ただ、いつも計量して淹れている自宅コーヒーとは違う、粉や湯量の多い少ないによる「その日その時」にしか出せないコーヒーの味というものは日々移り変わる自然環境ととても合っているように思います

 

私のモットーは「街のコーヒーは舌で味わい、山のコーヒーは心で味わう」なので、一期一会のコーヒーもまた山コーヒーの魅力なのではないかと考えています。

 

青山
絶対に「舌に美味しい山コーヒーを淹れたい!」場合は、ポケットスケールをお試し頂ければと思います。

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。