スポンサーリンク

 

【山コーヒーについての講演活動の様子】

 

 

 

あけましておめでとうございます。「山と珈琲、心の一杯」のブログにお越し頂きありがとうございます。山コーヒーアドバイザーの青山孝平です。

 

 

 

昨年2017年はたくさんの人にお世話になった年でした。初めてのTVの生放送出演、ラジオ出演、講演活動、そして伝統ある登山誌「山と渓谷」様に掲載されたりなど、インターネット以外の活動が一層広がりました。それらの活動のなかで「山コーヒーとは何なのか?」「何故山でコーヒーなのか?」などを聞かれるたび、私の中での答えが整理され、より明確な目的意識を持って山コーヒーに取り組めているように感じます。

 

 

 

2018年も、安全登山のための山コーヒー、誰かの心を癒す一杯のための山コーヒーを追求していこうと思います。是非youtubeチャンネル「山と珈琲」のチャンネル登録などでご支援の程、よろしくお願い致します。

 

 

 

 


 

【2017年の「山と珈琲」を振り返って】

 

 

 

 

2017年の「山と珈琲」の登山動画本数は12本。たくさんのゲストにご登場いただきました。準レギュラー的なご協力を頂いているかしもとゆかさんは5回、京都トレイル編のYukiさんは3回出演。その他、怪談師の宇津呂鹿太郎さんアルプホルン奏者の蔵田亜由美さん山登りミュージシャンの秦野貴仁さんなど多彩なゲストが動画に出演してくださいました。

 

 

ゲストをご招待すると場がにぎやかになるのはもちろん、ゲストの方の言葉で山やコーヒーを語って頂けて、表現豊かな動画になるなと感じています。2018年も色んなゲストをお呼びして山コーヒー動画を作っていきたいと思います。

 

 

 

その一方で、ゲストが登場しない回も必ず撮るようにしたいと思っています。山コーヒーは何人かで楽しく飲まなければならないというイメージが付きすぎるとソロ登山で山コーヒーをやりにくくなってしまうかもしれないと感じています。誰にも気を使わず1人で気分転換したい人、じっくりと物事を考えたい人、仕事に疲れた人、悩みを抱えた人などにも気軽に山コーヒーをして頂けるよう、静寂さを大切にした侘び寂びの山コーヒー動画も撮っていきたいと思います。

 

 

 

なお個人的に気になっているデータは、今年は車やロープウェイを使って山頂に行く回が多くて12本中5本の動画は足を使った登山をしていないという点。安全登山に配慮した結果、年々ピクニックに近いスタイルになってきています。youtubeのアカウント名「山と珈琲@登山動画」はそろそろ修正しようかとも考えています。

 

 

 

 

 


 

【2017年に買って良かった登山系グッズ】

 

 

当ブログではメーカー様からのレビュー案件・プロモーション案件を受けずに、私自身が思ったままを素直に書く商品レビューを心掛けています。そんな私が今年、特に「買ってよかった!」と思った登山系グッズはこの4点です。

 

 

 

 

 


THERMOS(サーモス) 山専用ボトル 500ml

 

登山家おなじみの魔法瓶・山専用ボトル。お湯を沸かさなくても朝自宅で入れた熱湯で昼過ぎにコーヒーやラーメンが作れます。前々から900mlサイズのボトルは持っていましたが、昨年500mlサイズも買いました。1~2名での登山が多いならこっちの方が断然おすすめです。サイズ感が良くてザックの中でもかさばりにくく、インスタ映えもしやすいので最初はこの1本からスタートするのが良いかもしれません。

 

 

 

 

 


MIZUNO(ミズノ)ウォーキングシューズ WAVE ADVENTURE BR

 

 

低山歩きや日常生活で履きまくっています。ソールの衝撃吸収力はランニングシューズのミズノならでは。歩くとふわっふわで、膝痛持ちを救うスゴいクッション性を備えています。あまりに快適で、普通の靴を履くとクッション性の無さにイライラするくらいです。高い透湿性を誇る防水素材ゴアテックス3Dも使っていて、雨の日でも中が濡れず蒸れも少ないです。デザインは正直ちょっとどことなく垢抜けない所はありますが、機能性を重視する人には是非とも試着注文して頂きたい靴です(amazonプライム対象商品は返品無料・送料も無料です。足幅は3E。低評価レビューの「足首の擦れアタリ」は、革部分を揉みこんで1週間くらい履き歩けばなじむようになりました)

 

 

 

 

 


強力わかもと 1000錠

 

登山の数日前からこれを飲んで体調を整えています。ビール酵母・乳酸菌・消化酵素の3つの天然成分が胃腸を整え、コンディションを良好に保ちます。胃腸の調子が衰えているのを感じている30~40代におすすめです。登山当日が下痢気味だったりすると力が湧いてきませんし、食べ物から栄養をしっかり補給できてないと登山中にへばってしまいます。格闘マンガ・グラップラー刃牙の主人公も山籠もりの時にこれを持参していました。未経験の方はぜひ。

 

 

 

 

 

mont-bell(モンベル)ポケッタブルベビーキャリア

(※「この商品は現在お取り扱いできません」の時は欠品中です)

 

アウトドアブランドのモンベルが作った、赤ちゃん用の抱っこひも。これ、ものすごくコンパクトなのにしっかり担げて便利です。使用期間は赤ちゃんの首が座る4か月頃から2歳くらいまでですが、大活躍しました。山好きのご夫婦への出産祝いなどに贈ると喜ばれると思います。

 

 

 

 

 


【amazon】TS DESIGN TS DRY ショートスリーブ

 

ミレーのドライメッシュ、通称「あみあみ」「くさりかたびら」に似た網シャツ。試しに冬登山で数回使用しましたが、安いくせに全然汗冷えしません。今はもうコレ無しでは山に行きたくないと思えるくらい重宝しています。登山では汗冷えは体調不良の要因となります。網シャツはこれからのスタンダードアイテムになると思います。

 

 

 

 

 

他にも色々買ったのですが、レビューのための使用日数がまだ浅いのでこの5つに絞らせて頂きました。山専用ボトルは登山をするなら1本はあったほうがいいアイテムだと思います。

 

 

 

2018年も正直な商品レビューをしていきたいと思います。ご参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。