スポンサーリンク

 

カシューナッツ食べ比べ味の違い

 

 

青山家に欠かせないオヤツとなっている、素焼き無添加無塩のカシューナッツ。

 

小腹が減ったとき、デスクワークのおやつ、登山のトレイルミックス、お酒のツマミなど様々な場面で活躍しています。

 

青山
栄養が豊富で、血糖値の急上昇をおさえる働きもあるので「サプリ兼おやつ」といった感じです。

 

コンビニやスーパーで買うと高いので、楽天市場のネットショップ「自然の館」の850g大入り袋を買っています。スーパーのおよそ半額です。

 

前回は買おうと思ったタイミングで完売していて、楽天市場の別のショップ・「ぼくの玉手箱屋」のカシューナッツ大入り袋を注文しました。

 

 

【楽天市場】ぼくの玉手箱屋ー 素焼きカシューナッツ 850g

 

 

そして今回、いつも食べていた「自然の館」のカシューナッツを取り寄せ、「ぼくの玉手箱屋」と同時に食べ比べてみると微妙に味が異なっていました

 

どんな違いがあったのか、情報をシェアしたいと思います。

 

 

並べて見てみると違いはすぐにわかります。

 

 

 

前に当ブログの記事で「何かちょっとビターな感じがする」と感想を書いた、ぼくの玉手箱屋のカシューナッツ。

 

実際に2つのカシューナッツを見比べてみると違いがすぐにわかりました。

 

 

 

こちらが「自然の館」のカシューナッツ。

 

 

そしてこちらが「ぼくの玉手箱屋」のカシューナッツ。

 

 

青山
焙煎度合いがちょっと違う…!

 

「ぼくの玉手箱屋」のカシューナッツの方がわずかに焼きが深いんです。煎り豆のような香ばしさ・ビター感は、焙煎度合いの差が主な原因のようです。

 

対して、自然の館は超浅煎りで白に近い色味。焼きが浅いので豆が少しやわらかく、クリーミーな甘さが引き立っているんです。

 

 

なお、「ぼくの玉手箱屋」のカシューナッツはベトナム産で、「自然の家」はインド産。

 

コーヒー豆の品種と同じように、産地や農園の違いでも味の違いが出ているのかもしれません。

 

 

好みに合わせて選ぶのが良いと思います。

 

 

 

どちらが優れている・おすすめかは、何を求めているか・何と合わせるかによって変わると思います。

 

ビールやウイスキーなどの洋酒に合わせたり、甘さに加えて香ばしさも欲しいなら「ぼくの玉手箱屋」のカシューナッツ。

 

主に単体で食べたり、カシューナッツに甘みとクリーミーさを求めているなら「自然の家」のカシューナッツがおすすめです。

 

青山
味わいの違いの差、コーヒーみたいで面白いです。次はまた別のショップのお徳用カシューナッツを買おうと思います。

 

 

美味しくて健康維持にも役立ちますが、食べすぎに注意

 

 

 

カシューナッツはただ美味しいだけではなく、マグネシウムや鉄・亜鉛などのミネラルやビタミンB1・B2、葉酸、水溶性食物繊維、オレイン酸などの栄養素を含み、疲労回復・ダイエット効果・肌の弾力効果・整腸作用・美髪効果・動脈硬化の予防など、健康食品のようなステータス強化が狙えます。

 

ただ、1日の摂取量目安は23粒(200kcal相当)。食べすぎるとカロリー過多となってしまいます。

 

青山
美味しいので23粒以内に抑えるのが難しいです。

 

本気でダイエットに励んでいる人は、鉄の意志で粒数制限に取り組んで頂ければと思います。

 

 

 

【楽天市場】ぼくの玉手箱屋ー 素焼きカシューナッツ 850g

 


【楽天市場】カシューナッツ 素焼き無塩無添加 850g(送料無料)

 

【お試し用】

【楽天市場】カシューナッツ 素焼き無塩無添加 500g(送料無料)

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。
スポンサーリンク