スポンサーリンク

 

フィルパワーとは?一番高い商品について

 

 

私が買ったL.L.Bean(エルエルビーン)のダウンジャケットのフィルパワーは850。ユニクロのウルトラライトダウンジャケットの640フィルパワーに比べてかなり暖かいです。

 

「フィルパワー」が何の単位だかよくわかっていなかったとき、重ね着するとフィルパワーは倍になるのか?と思っていました。

 

このフィルパワーはどういう意味なのか、今販売されているダウンウェアで最大フィルパワーはいくつなのか、どこのブランドのウェアが高フィルパワーなのかを調べてみました。

 

 

フィルパワーとは何の単位なのか?

 

引用:デサント「フィルパワーとは何ですか?」

 

 

日本のスポーツウェアメーカー・デサントのページに、フィルパワーについてのわかりやすい解説がありました。

 

羽毛1オンス(28.4g)のダウンをシリンダー内に入れ、一定荷重を掛けた時の膨らみ度合いを立法インチ(2.54cm立法)で示します。
800フィルパワーとは、1オンスの羽毛が800立方インチの体積に膨らんでいることになります。
フィルパワーの数値が大きいほど空気を多く含んでおり、大量に含まれる空気の断熱効果によって保温性に優れ、暖かく良質なダウンといえます。

引用:デサント「フィルパワーとは何ですか?」

 

 

フィルパワー(膨らみ度合い)の値が大きい羽毛を使えば、ダウンジャケットを少ない羽毛量で作れるので軽量なウェアになり、スタッフサックへの収納の際もギュギュっと押し込めてコンパクトになります。

 

500フィルパワー以下は「低品質ダウン」とされ、600~700フィルパワーが「良質ダウン」、700フィルパワー以上が「高品質ダウン」に分類されています。

 

青山
なお、羽毛布団などの寝具では「ダウンパワー」が使われています。最高級品で440~460DP。フィルパワーに換算して800~850くらいです。

 

 

フィルパワーが一番高い最強のダウンジャケットは何フィルパワー?

 

【amazon】Marmot(マーモット) 1000 Ease Down Jacket 

 

 

現在確認できているのが1000フィルパワー。900~1000フィルパワーが「最上級のダウン」とされています。

 

マーモットの他に、モンベルの「プラズマ1000 ダウンジャケット」「イグニスダウン パーカ」、ティートンブロスの「Hybrid Down Hoody」などが1000フィルパワーを記録しています。

 

青山
ダウンといえばナンガが強いイメージですが、ナンガのフィルパワー最大値はオーロラダウンジャケットの860FPでした。また、日本隊のマナスル登頂や南極観測隊を支えたダウンメーカーの老舗ZANTER(ザンター)も、800FPが最大値のようでした。

 

 

 

 

ちなみに、2013年にパタゴニアが数量限定で1000フィルパワーの「エンカプシル・ダウン・ビレイ・パーカ」をリリースしています。(現在はメンズ・ダウン・セーター・フーディ iconの800フィルパワーが最大値のようです)

 

 

【楽天市場】MONCLER GRENOBLE ダウンジャケット ALLESAZ

 

ファッションブランドでは、フランスのラグジュアリーダウンウェアブランド「モンクレール」も1000フィルパワーのダウンジャケットを販売しています。

 

 

 

おすすめは700FP以上ですが、重要なのはフィルパワーだけではありません。

 

 

現在の最大値が1000フィルパワーで、700フィルパワー以上が高品質ダウンだということがわかりました。

 

ですが、保温性能はフィルパワーの値だけでなくダウンの総量などでも変わってきます

 

1000フィルパワーの薄手のインナーダウンジャケットより、700フィルパワーのもこもこの分厚いダウンの方が保温性能が高いです。そのかわり、ダウン量が多すぎると重くなり、蒸れを発生させてしまいます

 

また、ダウンの毛がしっかりと清浄されて不純物が取り除かれているかどうかも暖かさを左右します。

 

なので、フィルパワーの数値とウェアの肉厚感で暖かさを予測し、あとは実際に試着してみて暖かさと重さを体感するのが一番のようです。

 

 

ゆるキャン△実写ドラマで志摩リン役福原遥さんが着ていたダウンジャケット

 

青山
私が買ったエルエルビーンのダウンジャケットは850FPですが、重さが371gなのでダウンを多めに充填しているようです。着ていてストレスの無い軽さで、厚すぎず、それでいてしっかりと温かい。良い感じにバランスが取れています。

 

 

 

日本気象協会によると、12月は師走らしい寒さになり、1月は寒気が流れ込み、2月は寒い日が多くなるとの予報が出ています。

 

新型コロナが流行しているので寒さ対策を万全にしてウイルスを撃退する体力を維持したいものです。

 

ダウンジャケットの買い替えを検討されている方は、軽量な高品質ダウンを選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

Marmot(マーモット)
1000 Ease Down Jacket 

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

Teton Bros(ティートン ブロス)
Hybrid Down Hoody

【amazonで探す】【楽天市場で探す】

 

L.L.Bean(エルエルビーン)
メンズ ウルトラライト850 ダウンジャケット フード付き

【amazonで探す】【L.L.Bean公式ストアで探す】

(※プライム返品無料対応)

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。
スポンサーリンク