スポンサーリンク

 

神戸登山研修所で開催された、コーヒーとジビエ料理を楽しむイベントに行ってきました。

阪急電鉄王子公園駅から徒歩5分の場所にあるこの施設は、兵庫県山岳連盟が登山についての知識と基礎的な技術習得のため管理運営されています。施設には会議室の他にボルダリングやクライミングウォールなどがあり、使用料が非常に格安。こんな所があったなんて知りませんでした。

神戸登山研究所
http://www.hma.jp/kensyu/info.htm

たくさんのコーヒー豆がテイスティングされました。
焙煎香房シマノの「インドネシア マンデリン コピ・ルアック」「パナマ エスメラルダ ゲイシャ 2013」「スマトラ マンデリン ナチュラル」。
Beyond Coffee Roasterの「エチオピア イルガチェフェ G1 FW ハマ」など。
 

コーヒーチェリーを食べたジャコウネコのふんから精製したコーヒー・コピルアックや、モカ臭のきつくない鮮やかで軽やかなモカなど、主催者厳選のコーヒーが楽しめました。特にモカは個人的に好みではなかったのですが、価値観が変わった味わいでした。

抽出器具もさまざま。今回初めて「エアロプレス」を使いました。
コーヒープレスのように使う抽出器具でアウトドアにも最適との事でしたが、1杯分しか淹れられず連続抽出が難しいのが難点でした。コーヒーオイルも逃さず抽出でき、1分で出来るスピードは魅力なんですが。登山で使うにはちょっと適さないようです。

そして、Nさんが自ら狩猟・調理をした鹿肉の赤ワイン煮込みも振る舞われました。
シカ猟の話を聞くと、猟は高度な技術の他にも経験や運も必要で、鹿肉が高額なのも頷けるなと思いました。

肉は5日前に獲れたもの。やわらかくジューシーで、命の味がしました。
狩猟への同行を打診したら快く承諾して頂いたので、機会を合わせて見学にいきたいと思います。

画像左のI氏は、スラックラインを準備して参加者に遊び方をレクチャー。
スラックラインは綱渡りとトランポリンを組み合わせた遊び。

やったのは2回目。今回も上手くバランスが取れませんでした(^_^;)
でもI氏にスラックラインの歩き方のコツを教えてもらい、ちょっとバランスが取れるように。
わたりきれるまでチャレンジしたいと思います。

イベントを主催・運営した皆様、ありがとうございました。
休日らしい、楽しいイベントでした。

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。