スポンサーリンク

「登山でタンパク質を摂取すると体が楽になる」という説を聞いて以来、山に持っていきやすい常温保存可能のサラダチキンを食べまくっています。

今回取り寄せたのは、SANSHOのパトリシャン・スモークささみとパトリシャン・サラダチキン。1箱6本入りで送料込み1500円くらいです。

【楽天市場】SANSHO スモークささみ パトリシャン 6本セット【メール便】


【楽天市場】SANSHO サラダチキン パトリシャン 6本セット【メール便】

見た感じはビールのつまみっぽいデザインです。商品紹介欄に「2016年モンドセレクション受賞」と書いてあったのですが、パッケージをよく読むとBRONZE AWARDで銅賞でした。お金を出せばかなりの確率で金賞がもらえることで有名なモンドセレクション。ちょっと不安な気持ちになりつつも、さっそく食べ比べをしてみることにしました。

【SANSHO パトリシャンチキンの感想・口コミ】

まずは、パトリシャンのサラダチキンノーマル。常温保存チキン特有のパサつきは多少ありますが許容範囲内。シーチキンのようなササミで、美味しいけどちょっと塩辛い。ビールと合わせたいくらいの塩分の強さです。登山中、体が塩分を欲しがっている状況ならちょうど良いかも。

続いて、ささみスモーク。シーチキンが口の中でほぐれる時のような食感。サラダチキンと同じようにしっとり感は少ないので飲み物と合わせたい。焼豚的な味で、ほのかに鰹節のような、おかかのような香り。先ほどのサラダチキンに比べて塩分は控えめなので単品でも食べやすい。これはなかなかイケます。

【同じスティックタイプのプロフィットより美味しかったです】

こちらはプロフィットのささみバー。同じようなスティックタイプで美味しいのですが、ちょっと添加物(調味料)の後味が気になります。プロフィットで感じていたエグ味のような後味は、今回のパトリシャンには感じられませんでした。

気になる点は、プロフィットと同じく1袋あたりのタンパク質の量が少ないこと。私のサラダチキンランキング上位は1袋で30gですが、このパトリシャンのたんぱく質摂取量は1本あたり10g。コスパとしてはあまりよくないです。

ただ、携帯性の面ではやはりスティックタイプはお手軽です。中に保存液も入っていないので汚れませんし、食べやすい。登山中の行動食で食べるならスティックタイプの方が優れています。

味の好みとしては、断然スモークです。単品で食べても良いし、テント泊の夜にビールと一緒に食べても良し。個人的ランキングで、パトリシャンのスモークささみを3位に入れることにしました。

まだ何社か常温保存サラダチキンを販売しているので、引き続き食べ比べを進めていきます。なお、サラダチキンランキングは私個人の好みが大きく反映されています。あくまでご参考程度に、ご自身で至高のサラダチキンを探して頂ければと思います。

スポンサーリンク