スポンサーリンク

 


【amazon】青春を山に賭けて/植村直己(著)

 

8月30日は「冒険家の日」。1965年の同日に同志社大学が世界初のアマゾン川源流ボート下りを成功させ、1989年の同日には堀江謙一氏が小型ヨットで太平洋横断を果たしたことなどから制定されました。

 


【amazon】植村直己 /KAWADE夢ムック

 

妻の実家の兵庫県豊岡市にたびたび行き来する私としては、冒険家と聞いてすぐに思い浮かぶのが、豊岡市日高町出身の植村直己さん。世界初となる五大陸最高峰制覇や数々の偉業を成し遂げられています。

 

 

 

 

 

日高町には「植村直己冒険館」があります。確か行ったのは6年くらい前。冒険で使われた昭和の登山装備品の実物に感動したのを覚えています。

 

久しぶりにホームページを見たら、冒険館がリニューアル&愛称募集をするというお知らせが出ていました。

 

 

植村直己冒険館が来年4月にリニューアルされます。

 

 

 

2021年の4月20日のリニューアルで、冒険館南側にクライミングやツリーイング・もの作り体験などができる新しい建物が作られ、屋外でもキャンプやバーベキュー・火おこしなどの体験プログラムが予定されています。

 

「未知の世界に果敢に道を切り開いた植村直己の息遣いを肌で感じ、子どもを中心にチャレンジ精神を学んでもらう場」を目指しているそうです。

 

青山
リニューアルされたら、子供を連れて遊びに行きます。

 

冒険館の愛称募集について

 

この新しい冒険館、愛称を募集しています。採用された人には冒険館の年間パスポート+素敵な粗品が贈られるとのことです。

 

応募方法は、専用ホームページの愛称募集フォームまたはFAX・郵送にて。受付期間は9月20日までです。

 

青山
あの植村直己さんの施設に名前が採用されたら、アウトドア好きとしては光栄の極みだと思います。

 

 

ネーミング応募概要

【必要事項】
・愛称案とその読み方(カタカナ)、愛称案の解説・理由
・郵便番号、住所、氏名、電話番号、メールアドレス

【リニューアルwebページ(応募フォーム)】
https://boukenkan.com/

【郵送・FAXの応募先】
豊岡冒険館株式会社(アドバンス株式会社アップかんなべ事務所内)
〒669-5372 兵庫県豊岡市日高町栗栖野60番地
FAX: 0796-45-1546

 

植村直巳冒険館は現在リニューアル工事のため休館中。以前の施設だけでも登山・アウトドア好きなら楽しめることうけ合いの場所でした。来年春のリニューアルでどんな風にパワーアップするのか、楽しみです。

 

 

【植村直己冒険館】(※現在休館中)

住所:〒669-5391 兵庫県豊岡市日高町伊府785
電話番号:0796-44-1515
ウェブページ:http://www3.city.toyooka.lg.jp/boukenkan/index.html

 

 

【2020年9月7日発売の新刊】
【amazon】ヤマケイ文庫 植村直己冒険の軌跡

 

スポンサーリンク