スポンサーリンク

御嶽山の火山噴火で被害に遭った方、身元不明の方が多いようです。登山届けを出していればこういった際に身元が判明しやすいのですが、正直なところ提出するのが面倒です。登山口に用紙が置いてあっても記入に5分10分かかるので、易しい山ではつい提出せずに登ってしまいます。
登山届は家で書いて持っていくのがベストです。ネットで検索すれば登山届のフォーマットはたくさんありますが、記入事項が多く、面倒で書き方がわからない人もいらっしゃると思います。そこで、私が使っている自作のシンプルな簡易版登山届けをアップしました。
家族や友人にメール送信する際やツイッターなどのSNSにアップする際のテキスト定型文も用意しています。ご活用頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

【シンプル登山届テキストテンプレート/メール・SNS用】

 

 

 

▲△▲△▲ 登山届 ▲△▲△▲
以下の行程で山に行ってきます。
【目的地】:
【出発地点】:
【経由地】:
【到着地点】:
【出発日時】: 月 日 時
【下山予定時刻】: 月 日 時
【人数】: 人
下山したらまた連絡します。
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

【シンプル登山届テキストテンプレート/twitter(ツイッター)ツイート用】

 

 



▲登山届▲ 目的地/、出発地点/、経由地/、到着地点/、出発日時/月日時、下山日時/月日時、人数/人

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

【シンプル登山届フォーマット/word(ワード)jpg・PDF様式】

 

 

● 登山届A4用word版 ダウンロード
● 下山届A4用word版 ダウンロード
(zipファイル)
● 登山届jpg画像 ダウンロード 
(右クリックで「対象をファイルに保存」)
● 登山届pdfデータ ダウンロード
(右クリックで「対象をファイルに保存」)

 

 

 

 


 

 

 

これらの登山届テンプレート、非常に簡易版で最低限の情報しかありません。本来は参加者全員の氏名・住所・緊急連絡先や細かい行程表・装備品の記入が必要です。
ただ、これだけの簡素な情報でもあるのと無いのとでは捜索発見・身元特定の確率が大きく変わります
もしもの遭難・災害の時に迅速に捜索・発見してもらえるように。そして、家族に心配をかけないように。今回の御嶽噴火事故を教訓に、やさしい山でも登山届を提出する習慣をつけないといけないなと思いました。

 

 

 

 

 

青山
記事内容がお役に立ちましたら、SNSでシェアして頂ければ嬉しいです。